So-net無料ブログ作成

池の水ぜんぶ抜く大作戦 [Others]

43fbf4100c0c3bef6cd40298334e.jpg

今年の一月から始まったTV企画ですが、ひじょ~によくできた企画だと思います。「池の水抜いたら面白いだろうな」という企画だったそうですが、反響が凄く、昨年だけで6回も放映されました。

まず、「ビフォー・アフター」や「ゴミ屋敷を綺麗にする」というような企画と似てて、池が綺麗になるとスカッとするのが第一に面白いです。そして、ただ池を綺麗にするのではなく、環境破壊をしている外来種の駆除という社会的意義をテレビでわかりやすく解説していて、しかもその原因が縁日で買ったカメを池に放流したのが原因であるとか考えさせる内容も伝えています。しかし、今の池にはたくさんのカメがいるのですね。私の子供時の外来種は、アメリカザリガニしか見たことなかったですよ。

また、作戦実行の時は、地域住民や子供たちもボランティアとして参加したりしていて、観ていて非常に気持ちのいい感じがしますし、視聴者も「観る」という行為だけで視聴率があがり、番組が継続されるのではという、観ながらにしてボランティア感も味わえるというよくできた構成です。環境省の人たちも参加したりしています。

TV番組には、くだらない企画も多いですが、これは非常に良いと思います。これはテレビ東京の番組ですが、視聴率が12%と大河ドラマ並みなので、他局もこのような企画を考えろとプロデューサーは言われているそうです。

今後も続くように、自治体が寄付を募ったりすればいいのではと思います。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

駅伝 [A1.ランニング]

rikuou.jpg

日本人は駅伝好きですよね。元旦には、「ニューイヤー実業団駅伝」そして、2日、3日には、「箱根駅伝」と三が日に朝から5時間づつ放映され、視聴率もニューイヤーが12%、箱根はなんと28%です。子供の頃は、私は、他の正月番組が観たいのに、親父は、自分で走ったりはしないのに、箱根駅伝をずっと観ていました。家のの傍が「福岡国際マラソン」になっていて応援した経験もあります。箱根の沿道も正月早々凄いですよね。選手のアドレナリンは出まくりでしょうね。

そういうこともあり、駅伝選手は増えているそうです。また日本は、大のマラソンブームで、日本列島は、長距離陸上黄金期だと思います。

しかし、しかしですよ。男子マラソン競技のレベルは、世界基準には全然達していません。そもそも、フルマラソンは、2002年の高岡寿成(カネボウ)の2時間6分16秒が日本記録で、15年間破られていません。世界記録は2時間2分台です。

これだけ、国をあげて長距離陸上は注目されているのに、なぜ、世界で戦えないのですかね。アフリカ勢と体格が違うとかいわれていますが、短距離でも、同じように日本人は不利とか言われていましたが、最近はリレーでメダル取ったりして活躍し始めていますので、何か方法はあるのはないでしょうか。


男子マラソンのMGC(現在通過者4名)の2018年度の日程は、

2月4日 別府大分毎日マラソン

2月25日 東京マラソン

3月4日 びわ湖毎日マラソン

です。


6月22-23日 日本陸上競技選手権 10km


10月8日 出雲学生駅伝

11月4日 全日本大学駅伝

11月24日 10000m学生記録挑戦競技会



まあ。いろいろ調べても、日本人がアフリカ勢にマラソンで勝つのは難しそうです。それなら、EKIDENを世界に広めてオリンピックの種目にするほうが早道かもしれません。まずは、東アジアからですね。本当は東京オリンピックの時がよかったのでしょうが、そうはいきませんでしたので、今後に期待です。


話は変わりますが、「陸王」は結構人気なドラマとなりました。足袋を作っている会社がランニングシューズを作る話ですが、実際にそういう会社が存在するのですね。ちょっと感動しました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

2018年度ゴルフ [A3.ゴルフ]

3_69.jpg


今年の計画は、「会社のコンペ」で5回、「高輪中東会」で5回、「10組ゴルフ」で10回、「ショートコース選手権」2回で、合計22回の予定です。春シーズンは、3月2回、4月1回、5月4回 夏シーズンは6月2回、7月3回、秋シーズンは9月3回、10月2回、11月2回、冬シーズンは12月3回となり、1,2,8月ややらず、春・秋をメインでやります。


季節のいい時に、景色も楽しみながらゴルフをやるというのがコンセプトです。今年は、10組ゴルフの夏合宿を暑いのでやめて秋合宿にしようということでしたが、結局、涼しいところ探して夏合宿も継続しようということになりました。これで高輪中東会も入れて6,7,9月に三回の合宿となります。


2016年からシーズン制を導入したため、毎月やっていたのをやらない月を増やすことで練習もおろそかになってきたのが、過去2年間のスコアの低迷だと思います。よって、練習だけは,毎月コンスタントにしようと思います。


会社の傍に「GOLFTEC by GDO」というゴルフスクールがあり、スィングなどをデータで示してくれるようなレッスンをしてくれるようですので、ちょっとやってみようかなとか思いますね。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

2018年の抱負と計画 [Others]

mig.jpg

昨年は、私は「厄年」で、脊柱管狭窄症になるは、お袋が亡くなる等,最悪の年でした。今年は「後厄」でまだ少し引きづっているようですが、「無理をしない」と言う事に気を付ければ、「厄年」の時ほどの事は起こらないと思います。

今年は、何としても脚を治さないといけません。最悪、手術も考えないといけないでしょう。まずは、20年続けているランニングを封印し、ストレッチや体重コントロールなどをします。よって、水泳や筋トレをルーティンにいれないといけません。なのでそれらをちゃんとするように「丁寧に生きる」という事を抱負にしたいと思います。

1月[わーい(嬉しい顔)] (3連休3回)従来ですと、1月はラン・イベント目白押しですが、今年は、「ランニング封印」ですので、比較的スケジュールに余裕があります。よって、水泳と筋トレを再開したいと思います。また、英語もちょっとストップしていたので再開です。18日から翼ちゃんが一時帰国で~す(23日まで)[わーい(嬉しい顔)]。あらいさんがいよいよ完了です。1,2月は、生活のリズムのリセット月です。

(1)ニューイヤー駅伝 (15)健康診断 (17)命日 (18-2月7日)翼&レスリー来日[わーい(嬉しい顔)]

2月[わーい(嬉しい顔)] (3連休2回) 25日の東京マラソンは、ボランティアさえ申し込みに間に合いませんでしたので、天気が凄くよければ応援に行きますし、そうでなければ家で観戦です。確定申告時期(2/16~3/15)。16年ぶりの柳井へ翼と行きます。冬季オリンピックはどうでしょうか、盛り上がりますかね。2月もリセット月です。

(3-4)柳井[わーい(嬉しい顔)] (9-25)冬季オリンピック  (14)至上の印象派展 (20)高校同窓会 (22)大阪株主懇親会

3月[わーい(嬉しい顔)] (3連休2回 祝日1日) ゴルフ春シーズンスタート、桜も例年通り咲いて欲しいです。2018年の開花予想は26日です。親戚が二人も米寿になるということで泊りで祝おうということになりました。春とお祝い事で盛り上がりたいですね。

(3)会ゴルフ(17-18)親戚米寿お祝い旅行[わーい(嬉しい顔)] (24)結婚式 (31)高輪中東会

4月(0回) 桜満開の中でのゴルフを楽しみたいですね。自転車にも乗れるようになりますように。

(7)ゴルフ (8)多摩川花見 (13)名作誕生日本美術 (15)Bicycle Ride27km (17)会社プレゼン

5月[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)] (9連休1回、3連休3回)5月は、一番忙しい月になりそうです。体調を崩さないようにしないといけません。いつもは連休中にガンガン走りすぎて、足痛めたりしていましたからね。5月の連休はどうしましょうかね。

(4/28~6)G/week [わーい(嬉しい顔)] (12)小諸ツリー (13)WalkTW横浜 (19-20)中東ゴルフ合宿[わーい(嬉しい顔)] (26)⑩ゴルフ (27)WalkTW大阪 

6月(2回)6/8~7/21が梅雨の予想期間です。6月末体重測定。ワールドカップ。

(1)レク休(2) ごーいん会 (6)ミラクルエッシャー展 (9)ショートコース選手権 (16)西さん偲ぶ会 (19.25,28)ワールドカップ観戦夜 (20-25)留守番 (27)株主総会 (28)会ゴルフ 

7月[わーい(嬉しい顔)] (1回)涼しいところで夏合宿です。家の傍の病院が完成予定です。

(8)ワールドカップ決勝戦 (14-15)⑩合宿[わーい(嬉しい顔)] (26・27)戦略会議  (28)会ゴルフ (下旬)東京オリンピック・ボランティア募集要項発表

8月[わーい(嬉しい顔)] (9連休1回)夏休みは福岡で初盆です。ゴルフはオフシーズンです。

(7) 61歳 (11~19)夏休みー福岡[わーい(嬉しい顔)]  (19)小学生陸上応援 (22-23)WINA(25)世田谷花火大会  

9月[わーい(嬉しい顔)](3連休2回) ゴルフ秋シーズンスタートです。自民党総裁選

(15)ゴルフ (22-23)⓾合宿[わーい(嬉しい顔)]

10月(2回)お袋の一周忌で福岡に帰ります。美術展もあります。「まんぷく」

(5)フェルメール展 (6)高輪中東会  (7)東京夢舞ポタリング (13)ゴルフ (20-21)一周忌 (27)ムンク展 (28)横浜マラソン【優先枠】

11月(4連休1回、3連休1回)紅葉時に家族旅行しようと決めたのですが、ディディが移動中に暴れるのでちょっと旅行は無理ですね。

(2)一橋祭 (3)東関東駅伝(10)中東高輪会 (17)⑩ゴルフ (24)ごーいん会 

12月[わーい(嬉しい顔)] (13連休1回)健康診断の月です。体力測定もやりましょう。13連休もできるでしょうかね。

(1)ショートコース選手権 (7)平ゴルフ (9)クロカン・竹林 (11-)健康診断 (22)会ゴルフ (22-)年末休暇[わーい(嬉しい顔)]  (27)誕生日

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2018年の世界 [D1.政治・経済・社会]

t_ahoaaqx1yo1rvdv7p6vh.jpg

2017年は「トランプ劇場」と「金正恩ミサイル劇場」だったような気がします。米国も中国もロシアも非常に独裁的な指導者になっていて、世界は攻撃的な関係になっているようです。北朝鮮が経済制裁で行き詰まり、テロへの支援を増加させると米国は反応せざるおえなくなりますよね。そこが、今年の懸念です。


ただ、景気的には楽観的な予想が多いようです。企業が好調なので、そろそろ賃金上昇が見込まれ、消費が拡大するであろうという予想です。小売業に追い風が吹くと言われています。オリンピックまではその調子で行きたいものです。米国も11月に中間選挙なので、景気を良くもって行こうとするでしょう。
「つみたてNISA」も始まり、国は株の資産運用を奨励し、お金が回るように喚起しています。国内では、「プチ・バブル景気」になるかもしれませんね。景気のいい話は、皆ウェルカムだと思いますので、そうなることを願います。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年度のランニング [A1.ランニング]

2018年度計画.jpg

今年は、大変な年でした。前半までは調子よくて、1月にはフルも走りました。5月の連休に練習を一気にハードにしてからおかしくなって、結局、脊柱管狭窄症になってしまい走れなくなってしまいました。過去の記録を見ると、練習をちょっとハードにすると脚を痛めるという事がありましたので、脊柱管狭窄症の兆候があったのでしょうね。

  5km 10km ハーフ フル
2000年 4:18 4:33 5:01 5:59
2001年   4:37 4:54 5:38
2002年   4:43 5:17 6:44
2006年   5:06 5:50 7:41
2007年   4:48 5:12 5:34
2008年 4:46 5:01 5:32 6:25
2009年     5:09 7:46
2010年       6:28
2011年 5:32     6:47
2012年   6:01   6:51
2013年     7:38 7:32
2014年 5:18 6:00 6:26 7:36
2015年   5:20 5:38  
2016年     5:58 7:44
2017年   5:27 5:44
7:51

98 1 1月8日 ハイテクハーフマラソン ハーフ 2:07:09 5:58  
99 2 1月15日 二子玉エコマラソン 10km 54:51 5:27  
100 3 1月28日 UP RUN川崎多摩川河川敷マラソン大会 フル 5:31:38 7:51  
101 4 2月5日 WRJハーフマラソン ハーフ 2:01:29 5:44  
102 5 3月12日 2017年川崎ハーフマラソン【済】 ハーフ 1:59:32 5:40  
103 6 3月26日 第2回大田区多摩川さくらマラソン【済】 フル     途中棄権

参加レースも100回を越えました。


スライド4.JPG


走れなくなり、体重は順調に増えてしまいました、3㎏増です(涙)。


スライド5.JPG


筋肉が300g落ちて、死亡が2.2㎏増えました。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

人口減でも労働力は増加 [D1.政治・経済・社会]

96959999889DE0E7E0E4EAE3E2E2E1E2E3E0E0E2E3E59F9FEAE2E2E2-DSKKZO2526719030122017MM8000-PB1-1.jpg

今日の日経に、労働人口増加の記事がでていました。女性とシニアの労働力が増えているからだそうです。労働力を測る時に「生産年齢人口」と言う数字を政府はつかっており、これは減少しています。しかし、これは15-64歳の数字なので、これ自体、時代ともはや合っていないですよね。中卒の15歳で働き始める人は少ないですし、65歳で仕事を辞める人も少なくなってきていると思います。


よって、この数字は、実際働いている人の数字です。この数字は伸びています。


まず、女性は、今後も「共働き」が普通になるでしょうね。二年前に「雇用の未来」というブログ記事書きましたが、どんどんそうなっている実感があります。共働きして、30歳くらいで、二人とも係長になれば、二人の給料を合わせると部長級になります。30歳くらいで部長になるのは大変ですが、係長だとかなり現実的です。そうすると、旦那一人が働く家庭に比べ、保育園などの出費を差し引いても、かなり経済的に楽になります。また、旦那一人のキャリアで家族の人生が決まってしまうという事から、奥さんのキャリアのほうに乗っていくという選択肢も生まれます。チームで生きていくという概念が広まれば、出世しそうな方にかけるとか、どちらかがキャリアでちょっとリスクを取って冒険するということもありになり、キャリアに選択肢が増えてチャレンジングになります。人生百年時代になり、女性は男性よりも長生きなので、100歳どころか110歳くらいまで生きる可能性も増えてくるので、仕事を辞めないで、ずっと仕事をしていくという生き方も必要となってくると思います。


次は、シニアです。先日、実家の庭の手入れを「シルバー人材センター」に頼んだら、高齢者が三人来たそうですが、その内リーダー格の人一人だけがしっかりしてて、残りの二人は、叱られながら作業をしたそうです。しかし、庭はきれいに手入れされました。しっかりしていない高齢者の方も、家に引きこもっているより、叱られながらも、身体を動かして働くのが、一番いいリハビリだと思います。

コンビニの早朝のシフトにも高齢者のバイトの方が多いそうです。高齢者は朝強いですからね。年金でも食べていけるけど、孫に小遣いを上げるために働いているとのことです。

今後は、クラウドソーシングで家で仕事を請け負ったりと仕事の場所、時間の自由度が増すでしょうから、シニアの仕事への参入障壁は格段に下がるでしょう。


それでも、日経の予想は、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になる2025年くらいに「労働力」は頭打ちになると予想しています。しかし、どうでしょうね。私の知っている「団塊の世代」の人々はまだまだパワフルなので、皆が一斉にリタイヤしそうにはないので、2030年くらいまでは、上昇傾向は続くのではないでしょうか。


また、仕事量そのものを減らすという取り組みも一方ではあります。AIなどのテクノロジーや働き方改革によって生産性を上げるという方法ですね。ここも、今後、進んでいくでしょう。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

熱狂なき世界株高 [D1.政治・経済・社会]

96959999889DE0E7E0E7E5E1E5E2E0EBE3E0E0E2E3E59793E0E2E2E2-DSKKZO2526221030122017EA2000-PB1-1.jpg

今日の日経の一面トップの記事は「17年 熱狂なき世界株高」でした。金融緩和であふれるマネーがあらゆる資産に流れ込み、世界株の時価総額は1年で21%も拡大しました。日経平均はこの一年で19%、会社の株も34%も上昇しました。個人的にも銀行金利は相変わらず超低金利なので、株式投資をちょうど始めたましたが、ラッキーでしたね。と言うことで、金融的には良いといえるのでしょうが、「景気」がそれほどいいのかと言うと,そうは実感しません。




img-02.gif

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

ニッポン「出来事」図鑑 [D2.日本史・世界史・近未来]

雑学ニッポン「出来事」図鑑

雑学ニッポン「出来事」図鑑

  • 作者: ケン・サイトー
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/12/22
  • メディア: 単行本

内内容紹介

戦後の昭和~平成。あのとき日本で、いったい何があったのか?

テレビや新聞、ネットメディアによく登場する、
“大人として知っておきたい”政治・社会・エンタメ・スポーツ・モノ…などにまつわる重大な出来事や事件を、
誰にでもわかりやすいイラスト図解で100テーマ展開する一冊!

「平成時代の終わり」を考える今、
この本で、戦後の昭和~平成の「出来事」を知る!

54 books in 2017

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

ファンドレイジングが社会を変える [人事5-CSR・健康経営・人事部・労務]

改訂版 ファンドレイジングが社会を変える (非営利の資金調達を成功させるための原則)

改訂版 ファンドレイジングが社会を変える (非営利の資金調達を成功させるための原則)

  • 作者: 鵜尾 雅隆
  • 出版社/メーカー: 三一書房
  • 発売日: 2014/08/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
仕事の関係で「寄付」に関わるようなりました。そうすると、そこにも学問があり、「Fundraising」という資格や職業があるということを知りました。


釣銭型寄付:言葉通り、少額の釣銭が出たらそれを寄付する

社会変革型寄付:未来投資とも言える寄付で、「あなたのおかげでxxができました」という。成果達成を示すことが必要。




FreeRice」では言葉の意味を選択肢の中から答えるクイズが出題され、1問正解するたびに米10粒をWFPに寄付することができる。



53 books in 2017

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

君たちはどう生きるか [D3.心理学・哲学]

君たちはどう生きるか

君たちはどう生きるか

  • 作者: 吉野源三郎
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2017/08/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
【内容】

1937年に出版されて以来、数多くの人に読み継がれてきた、吉野源三郎さんの名作。貧困、いじめ、勇気、学問…。今も昔も変わらないテーマに、人間としてどう向き合うべきか。時代を超えた名著、新装版で再び。


52 books in 2017

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

2017年度ゴルフ [A3.ゴルフ]

gg.jpg


今年は、22回やって、平均100を切るというのが目標でしたが、今年の中旬くらいから脚を痛めて、6回ほどプレーを見送り、結果として14回のラウンドとなりました。練習もあまりせず、平均スコアも昨年と一緒で低迷していまいました。


今年、新たに揃えたゴルフギアは、ゴルフキャップを義妹から還暦祝いで貰い、後は、ふるさと納税でゴルフバックを新調。そして、ゴルフ用のサポーターを買いました。


ffffff.jpg


クラブ毎の成功率(昨年→今年)は、F(57→55%),SP/U(41→44%),LI(40→43%),SI(46→46%),PT(64→75%),Total(51→55%)という事で、多少は良くなっていますが、スコアは変わっていませんね。やはり、どれも成功率が半分というのが問題です。


脚を痛めたのは、「脊柱管狭窄症」からくるものだそうですが、今は、痛みは若干引き、足裏の痺れが中心です。走るのはまだ無理っぽいですが、ゴルフはなんとかやれそうです。よって、来年は、少しゴルフに集中しようかなと思います。


例によって、過去からの記録は、

1991年 10月 Start  シンガポール時代
1992年
1993年  7回 125(平均) 114(最高) 
1994年  4回 125
1995年  16回 122  111

1999年  3回 127 福岡時代
2000年  5回 122
2001年  3回 117

2003年  6回 114 105 千葉時代
2004年 11回 117 101                               

2005年 19回 111  99 35(パット)53%(FWキープ)

2006年 19回 106  96 35 42% 東京時代                                

2007年 12回 106  98 36 42%                                    

2008年 19回 108  98 36 50%

2009年 13回 118  106 41 48% シンガポール時代

2010年 31回 115 103 41 44%

2011年 31回 111  93   39  43% 

2012年 49回 108 95 39  49%   

2013年  20回 107 95 37   47% シンガポール・東京時代  

2014年  20回  101  86  36

2015年 26回 100  91 40

2016年 16回 104 92  41.5

2017年 14回 101 91 38.7                 

通算352回 27年間(Net23年)

GDOハンディ 28


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ゴルフコンペ [A3.ゴルフ]

IMG_0549.JPG


ここは、2回目になります。朝一の電車で来れないので、前泊し、5時半にホテルを出発しました。朝7:30のスタートで寒かったですが、天気はよく段々暖かく気持ちのよいラウンドとなりました。コースも広くOBにはなりにくいのですが、グリーンが速く今年最低のスコアとなりました。2年前のスコアは93でした。このスコアでしたら今回は優勝でしたね。脚の痛みをを心配しておりましたが、なんとか無事にできました。 今年14回目                                 117(60/57) 鳳琳カントリークラブ F(79% 11/14),SP 4/9 U 3/9(39% 7/18),i4 0/0,i5 2/5,i6 1/1,i7 3/9,8i 0/0(40% 6/15) i9 0/0, P 1/1, A 3/6,S 0/9 (25% 4/16) P 1/1,PT47(44% 8 2パット以内/18)  合計45%  GDO28  今年平均スコア104 会社ハンディ27
今年14回目

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ジムが銭湯になった!? [人事4-キャリアプラン]

img_4_m.jpg

 最近、脚が痺れて走れなくなったので、近くのジムで水泳や筋トレをすることにしました。会社の傍のジムには時々行っていましたが、家の近所は久しぶりです。今週の月曜日は有休だったので平日にジムに行くと、なんとまあ大部分が高齢者でした。そして練習後、お風呂に行くとそこはもう「銭湯」と化していて、皆、なが~くお風呂に浸かっていました。近所の知り合いも多いようです。今日は日曜でまた行くと、多少中年の方も増えて高齢者と中年でジムはパンパンです。このジムができた9年前はそんなに満員でもなく、高齢者の人はほんの一握りでしたが、今は、明らかに80歳以上の方もチラホラいます。


 3年前に「高齢化の日常」というブログを書きましたが、その傾向が、どんどん強まっている感じです。やはり「団塊の世代」の動きなのですね。いつもこの世代が世の中のトレンドを作ってきました。私はその10歳下なので、その先輩が作ったトレンドに乗っかれたラッキーな世代です。

 兄貴は、「ジムに高齢者が多すぎる」と言ってジムをやめてしまいました。本人も私の2個上なので、62歳で立派な高齢者なのですがね。

 ジムを利用している中心は65-75歳あたりですね。この世代はジムを昔ながらの「銭湯」にしようとしているのではないかな思いました。毎日、行って、運動したり、お風呂に入ったりして、近所の人と「今日は何か変わった事はなかったか」とか聞きながら、一日を過ごすという感じです。もうちょっとしたら仲間入りしようと思います。


ou.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

胃・大腸健診 [A5.健康メンテナンス]

今日は、毎年の胃・大腸健診です。大腸はもう三回目ですので、慣れましたが、時間がかかりますね。9時半から4時までかかりました。ただ、今回は胃の健診も一緒にしたので、同じ時間で済みました。

基本的には昨年の症状と一緒で「食道カンジタ」「1㎜のポリープが一個」「びらん性胃炎」「萎縮性胃炎」の四つの症状です。大腸は、「憩室が6個」「1-2㎜のポリープが2個」でした。

食道カンジタは、抗生物質を長期的に使用していると起こりやすいそうで、最近、脚の痺れでボルタレンを半年間も服用しているのが原因かもしれません。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

40年後の広報 [【F.広報】]

20061007.jpg


メディアの歴史を紐解くと、新聞、雑誌、ラジオという三大メディアしかなかった時代に衝撃的に登場したのが「テレビ」です。アメリカでは、「テレビは、神からのクリスマス・プレゼントだ。」と言われましたし、日本でも「三種の神器」の一つと言われました。NHKの放送が始まったのが1953年。東京オリンピックが開催された1964年には、白黒テレビの普及率は90%に達しました。今から約50年前です。それからは、テレビは「カラー化」されたりしてメディアの中核を築き上げました。テレビで何か話題になるとあっという間に全国に知れ渡りました。これは、今でも続いている現象です。


それでは、今からの40年は、どうなるかというと「ネットの時代」です。今から20年前の1995年に「Windows95」が発売されてから、メディアの世界は、ネットの台頭で既存の四大メディアは窮地に立たされています。そこで、各メディアは、ネット版のTV、新聞、雑誌、ラジオをやり始めています。しかし、ネットの世界はそれだけでは済まず、『オウンドメディア』と言われるように企業が自身のサイトで商品広告をうったりしています。また、『ソーシャルネットワークSNS』の台頭は凄まじく、10年前に登場したFaceBookTwitterで消費者が商品評価等を口コミで拡散させています。多数のフォロワーを抱えるインフルエンサーのSNSも新たなメディアとなり、そこに企業はアプローチをかけています。これは、今起こっていることです。今後10~20年は、この変化が加速するでしょう。特にSNSは大きな影響力を持ちます。


そして、今から飛躍的に発展する「ビックデータ解析」や「AI」は、メディアには大きなインパクトを与えると思います。たとえば、商品や企業の評判を調べるにしても、ネット上にあるいろんなビックデータを拾い、調べたい人に合わせたやり方で他の商品や他社と比較したり、いろんな角度で分析が簡単に行えるようになると思います。たとえば、企業の調査にしても財務状況だけでなく、非財務情報(ESG情報など)も財務情報のように分析できるという事です。そうなると、その「分析エンジン」のようなものがメディアのような役割を果たし、いろんな情報をユーザーの欲しい形で提供してくれるようになるのでしょう。ユーザーが積極的に分析しなくても、ユーザーに合わせて勝手に分析して自動的に提供したりすることも可能になると思います。


そういう時代になると、企業は、その分析エンジンの結果が良くなるように、商品をつくったり、会社の体制を整えたりするようになってきます。それは結局、良質な商品や会社をつくることになるのでしょう。透明性が増してくると、やはり本質で勝負ということになりますよね。


 そんな中、我々広報の世界はどう変わるかと言うと、透明性が増してくる世の中では、いわゆる、実力以上に「評判を上げる」「イメージを上げる」という事が難しくなってくるのではないかと思います。広報の仕事は内部の事(商品情報や企業情報等)を外部へ知らせる事と世の中の価値観を内部へ知らせる事をやっており、現在は前者が主流です。しかし、今後は、「世の中の常識が社内の非常識」にならないように「世の中の価値観(ものさし)」を内部に伝えていくことが今以上に重要になっていくのだと思います。


 ということは、広報の仕事は、「世の中の風を読む」ことになり、そのための「風を読む力」が広報部員には必要になってくると思います。身体中がアンテナになるように幅広い知識や感性が求められると思います。


 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

高輪中東会 第23回 [A3.ゴルフ]

IMG_0499.JPG


米原ゴルフ倶楽部 110(55/55)  F(57% 8/14),SP 3/8 U 0/3(27% 3/11),i4 0/0,i5 3/8,i6 0/1,i7 4/4,8i 0/0(54% 7/13) i9 4/5, P 0/1, A 4/6,S 7/8 (75% 15/20) P 1/2,PT44(61% 11 2パット以内/18)  合計58%  GDO28  今年平均スコア 103   


今年13回目


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

五三郎さんの一生 [Others]

青春時代に「明治維新」という侍文化から西欧文化への過渡期を過ごす。新しい日本と伴に、家族を持つが、13年後、30歳台後半で妻が死去し、翌年その妹と再婚。しかし、その妹も3年後に死去。日本は富国強兵を進める軍国主義になり、日清、日露を勝利。その時、40歳台後半で、次男が21歳の若さで他界。それから10年後、大正時代になった時期、58歳の時に、三度目の結婚。世の中は、第一次世界大戦特需。9年間で3人の子供を授かる。最後の子の誕生の時は67歳。その後、関東大震災が起こり、世の中は昭和の時代へ入り、昭和大恐慌へと向かう。その時、72歳でに3人目の妻を亡くす。その後満州事変が起こり、日本は戦争へと向かう、太平洋戦争勃発時に87歳で亡くなる。
.
1855       0            誕生
 安政元年  徳川家定の時代 前年にペリーが来航し、この年に日清和親条約が結ばれる。
1968   13         
   明治元年 明治維新→Last SAMURAI
1877   22  
    西南戦争     
1879       24          フミ(21)と結婚                
1880       25          茂誕生               
1882       27          半市誕生 
1886   31
    ガソリン自動車発明                         
1892       37          フミ(34)死去                   茂12歳、半市10歳  
1893       38          ハツ(32)と結婚   
1894   39      
    日清戦争開戦       
1898       43          ハツ(35)死去                   茂18歳、半市16歳
1903       48          半市(21)死去                      茂23歳、半市21歳
1904   49
    日露戦争  
1912   57
    大正時代                                                 
1913       58          タマ(35)と結婚                
1914       59          ウラ誕生  
  第一次世界大戦始まる →大戦景気                    
1919       64          ヤエ誕生                          
1922       67          半次誕生  
1923   68  
    関東大震災  
1926   71    
    昭和時代              
1927       72          タマ(49)死去                   半次5歳
  昭和大恐慌
1931       76
    満州事変
1941       86
    12月8日 真珠湾攻撃→太平洋戦争                                                   
1942       87          五三郎(87)死去                  茂62歳 半次20歳

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

体力測定 [A5.健康メンテナンス]

   テレビを観ていたら、「ロンハー女性芸能人スポーツテスト」をやっていました。歳をとっている芸能人のほうがぶが悪く成績も厳しいようです。

m_1_35B15D.jpg

 その中に、私もやりだした「鉄棒ぶら下がり」がありました。私は40秒くらいしかできないんですが、若い人は皆1分以上できて、一番長い人で2分30秒です。番組見た後、やってみました。必死に我慢して1分でした。懸垂どころではないですね。ぶら下がりは背骨のゆがみの矯正にもいいそうなので、少し頑張って、2分間のぶら下がり、そして懸垂10回を目標にしたいと思います。

large.jpg

 次は、「上体そらし」です。一番そらせる人は71㎝です。30㎝くらいしかできない人もいるんですね。久しぶりに私もやってみるとなんと同じく30㎝くらいしかそらせません。これはまずいですね。背筋が弱っているようです。これも鍛えると背骨にいいそうです。


 毎年「健康診断」を受けるので、内臓系の状態はよくわかっているのですが、どこの筋肉が弱っているかとかいうのは「体力テスト」をやらないとわからないですね。会社でも昔はやっていましたが、今はあまりやっていないので、自分の筋肉などの状態がわからないので、定期的に体力テストとかやるほうがいいですね。


 東京体育館で年中「体力測定」やっています。毎年、会社での体重測定を6月に、健康診断を12月にうけていますので、毎年6月時にでも、この体力測定を毎年受けるようにします。

 

 後は、骨の状況ですかね。毎年MRIで背骨とかチェックできたらいいですが。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

アラブ [D2.日本史・世界史・近未来]

 今でも、「中近東」、「アラブ」、「イスラム」って言葉は日本人からすると最も遠い存在ではないでしょうか。今から35年前に、クエートに駐在した私は、砂嵐の街を見て「遠くに来たな」というのが実感でした。

1983年8月7日 誕生Party (20).jpg

 アラビア半島にある国々は、国土がほとんど砂漠で、沿岸の国々は漁業や真珠が主な産業で、人口も少なく世界からも離れた文字通り「遠~い」国々でした。

 それが1930年代に大油田が発見され、がぜん世界が注目し、これらの国々は、超リッチな国へと変貌を遂げました。どこも王族が国を治める体制をとりました。

 私が、クエートに住んだのは、1980年代でした。女性は街を歩く時は、黒い服で身を隠す等の「男尊女卑」そして「一夫多妻制度」、労働は出稼ぎがやるという「人種差別」、「禁酒」、歓楽街などはない「禁欲的生活」、「一日五回のお祈り」、「断食の季節」、「巡礼」等々、20世紀後半にここまで中世的な文化・制度がまだあるのかと思いました。

 1990年に、隣のイラクがクエートに侵攻したのは、貧しいイラクが超金持ちのクエートに攻め入ったんだなと私は思います。

 その後もオイルリッチ国々はどんどん発展していき先進国と変わらないインフラを整備していきます。特にドバイの発展は目を見張るものがあり、観光地としても、世界中の人を引き寄せました(私の時代はビジネスビザがないと入国できませんでしたものね)。

 2010年頃は「アラブの春」が起こり、主にアフリカのアラブ諸国で大きな市民革命が起こりました。


 さあ、そんなアラブに最近、また動きがあります。まず、今年2017年6月に、カタールがサウジなどの近隣諸国と断交してしまいました。衛星テレビ局アルジャジーラの問題など政治的な問題からです。そして、昨日、サウジアラビアで、200人以上の王子らが汚職容疑で拘束されました。これは、「次期国王」と目されているムハンマド皇太子(32)の改革です。彼の目標は「脱石油」だそうです。

 私がクエートにいる時からアラブ諸国の為政者はそれを唱えていましたが、掛け声だけで、既に裕福になっているアラブの人々は、ラクにできる投機とかはしても自分達で汗を流して頑張ろうとはしませんでした。さあ、この皇太子は、サウジを、いやアラブを変える事ができるのでしょうか?



 

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

孤独のすすめ [人事4-キャリアプラン]

孤独のすすめ - 人生後半の生き方 (中公新書ラクレ)

孤独のすすめ - 人生後半の生き方 (中公新書ラクレ)

  • 作者: 五木 寛之
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2017/07/06
  • メディア: 新書

内容紹介

著者が2015年に『嫌老社会を超えて』を出版し、世代間闘争や暴走老人に警鐘を鳴らして約1年半。老人による交通事故報道が後を絶たず、2017年には改正道路交通法が施行されました。
100歳以上の高齢者が6万人を超え、団塊世代が70歳を迎える今、新たな「老い方」を考えることは日本にとって、私たち一人ひとりにとって最も重要な課題であるといえます。
しかし、「高齢になっても元気に前向きに」は誰もができることではありません。老いに抗わず、等身大に受け止め、工夫して楽しむ。

「嫌われる、迷惑をかける老人」にならないなど「賢老」という生き方のために日々実践できることを、84歳の著者自らの体験も交えながら綴った1冊。

51 books in 2017


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

CSR [人事5-CSR・健康経営・人事部・労務]

企業ブランディングを実現する CSR(企業の社会的責任) (企業広報ブック)

企業ブランディングを実現する CSR(企業の社会的責任) (企業広報ブック)

  • 作者: 海野みづえ
  • 出版社/メーカー: 産業編集センター
  • 発売日: 2011/03/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

出出版社からのコメント

2010年11月に、SR(組織の社会的責任)の規格としてISO26000が発行され、
CSR(企業の社会的責任)は再び注目度を増しています。
どの企業も組織も、社会的責任をないがしろにしていては立ち行かない時代になっているのです。
本書は共著となっており、専門家として企業のCSRコンサルティングを手がける立場、
そして企業の内部からCSRに取り組む立場から実践的なCSR活動を紹介しています。

また、CSRとブランディングを融合させた「CSRブランディング」は、
これからの企業の持続的発展のために欠かせない考え方となることでしょう。

50books in 2017


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

危機管理広報 [【F.広報】]


実践 危機管理広報

実践 危機管理広報

  • 作者: 田中 正博
  • 出版社/メーカー: 時事通信出版局
  • 発売日: 2011/02/01
  • メディア: 単行本

内内容(「BOOK」データベースより)

今すぐ役立つ、危機管理広報の要諦。目前の“危機”を回避し、最小限のダメージにとどめるためにはどんなスキルが必要なのか―。これだけは押さえておきたい「クライシス・マネジメント」の具体例を、危機管理のスペシャリストが詳しく伝授。

49 books in 2017

 



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

クライシス・コミュニケーション [【F.広報】]

会社を守る クライシス・コミュニケーション (企業広報ブック)

会社を守る クライシス・コミュニケーション (企業広報ブック)

  • 作者: 田中正博
  • 出版社/メーカー: 産業編集センター
  • 発売日: 2011/03/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

内容紹介

長引く不況、氾濫する情報、多様化する価値観――。
いま、企業経営における広報の役割がますます重要になりつつあります。
そこで、企業広報を体系的に理解でき、さらに企業広報活動の重要なテーマごとに
知識とスキルが習得できるシリーズ「企業広報ブック」を刊行します。

第6巻は会社や組織を危機から守るために必要な「クライシス・コミュニケーション」。
危機が発生したときの心構えと具体的な実践方法を、
数々の失敗例と成功例から学べる広報担当者必読の書です。

48books in 2017


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

ESG経営 [人事5-CSR・健康経営・人事部・労務]

ESG経営 ケーススタディ20

ESG経営 ケーススタディ20

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2017/06/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

内内容紹介

近年急速に注目を集めるESG(環境・社会・ガバナンス)経営
最新20社の事例に基づき、ESGへの取り組みがビジネスに役立つ具体例を詳しく解説

≪掲載企業一覧≫
コニカミノルタ/大日本印刷/デンソー/TOTO/大和ハウス工業
川崎重工業/積水ハウス/竹中工務店/清水建設/リコー
佐川急便/コマツ/積水化学工業/イオン/サントリーホールディングス
住友林業/三菱地所/日立造船/東レ/ヤマハ発動機

47books in 2017


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

お袋 [Others]

IMG_0368.JPG

 11月10日午前02:10に、母が89歳の人生を全うしました。晩年は、脊柱管狭窄症で脚が悪く動きもままならなくなって、ちょうど一年前から近くの病院が併設している老人ホームに入っていました。その後、軽い心筋梗塞を起こしたりしておりましたが、なんとか元気でいてくれており、お盆休みで帰った時は、車椅子ですが、実家まで帰えれるほどでした。4週間前の先月の14日に容体が悪くなりました。胆管の癌で黄疸で出てきたとのことです。急いで帰省し、まだ意識はあったので、最後の別れをしました。

 それでも4週間も持ってくれた後、息を引き取りました。なんとも重苦しい4週間でした。


 母は、私ら兄弟を育てただけでなく、兄の長女、私の娘達も母親代わりで育ててくれました。本当にありがたかったですね。


 偶然にも親父の命日と同じです。8年前に亡くなった親父が迎えにきたのかもしれません。



 お母さん、長い間、ありがとうございました。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「座りすぎ」が寿命を縮める [A5.健康メンテナンス]

「座りすぎ」が寿命を縮める

「座りすぎ」が寿命を縮める

  • 作者: 岡浩一朗
  • 出版社/メーカー: 大修館書店
  • 発売日: 2017/10/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 健康系の事は結構知っているつもりでした。立って仕事したりするのがいいというのは知っていましたが、それは腰痛予防だと思っていました。しかし、座っている時間が長いと、座っている間は、筋肉の収縮がなくなりるそうです。その結果、脂肪を燃焼する酵素が働かなくなってしまい、病気になりやすくなるようです。1時間に一回は動いたほうがいいそうです。
 とにかく、毎日、ずっとずーっとPCばかりするので、身体が固まってしまっているのは感じていました。これからは、ちょっと、こまめに動く習慣を身につけます。
■普段、運動している人も要注意
「運動不足」と「座りすぎ」は別物です!
寝不足に「寝だめ」をしても寝不足が解消できないように、平日の座りすぎは、休日の運動だけでは十分に解消することはできません。これをアクティブ・カウチポテトというのだそうです。
46 books in 2017

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

未来の年表 [D2.日本史・世界史・近未来]

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)

  • 作者: 河合 雅司
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/06/14
  • メディア: 新書
  今から20年くらい前に将来を考える時期があって、当時「20年後には、65歳以上が四分の一になる」という予想があり、「それなら、定年は65歳になるな」と思って言ました。65歳以上の割合もその通りになりましたし、定年が65歳になった会社はまだ少数ですが、再雇用で今では65歳まで働く事が予想されていたように現実になりました。
 人口に伴う予想はかなり制度が高いです。しかし、そのための準備はそれほどされていないといのが実感ですね。
 「少子化」の原因の一つは、結婚しない若者が増えたそうです。
無題.png
無題3.png
 40歳まで結婚しない人の割合が男性で35%、女性で24%です。男性のほうが多いのですね。しかし、これは結婚しなさすぎますよね。女性の出産可能年齢は、医学の進歩とともに高齢でも大丈夫になってきましたが、40歳以上で出産する人は凄く少ないので、女性の四分の一は出産しないという事です。男女比は半々なので、日本人の四分の一は、子孫を残さない状況になっていると言っていいでしょう。
 これって、別の意味で問題ですよね。人間は、生物として本能的に子孫を残すようにDNAに刷り込まれているはずなのに、それに逆らう現象が現れているという事です。
96958A9C93819695E2E1E2E0978DE2E5E2E6E0E2E3E19191E3E2E2E2-DSXBZO5370608007042013I00003-PN1-2.jpg
 また、高齢化によって、配偶者を無くす世帯も増え、高齢者の独身化も進んでいるようです。人口減なのに世帯数は増えているんですよね。
gn-20170703-08.gif20130909-00027589-roupeiro-002-3-view.gif
 ちょっと世の中が以前と様子が変わってきている言えるのではないでしょうか。飲食業や食品業界では既に「個食化」の動きは顕著なので、「一人飲み」や「冷凍食品」の強化をしています。「一人カラオケ」とかも流行っているらしいです。
 なんとなく、「寂しい」世の中ですよね。それなら、その寂しさを癒すためにさぞかしペットを飼う人が増えているだろうと調べてみました。
env_01.gif
images.png
 増えていますが、ここ10年間は横ばいのようです。犬、猫で2,000万頭ほどなので、既に皆飼っているのでしょうか。猫を飼う人は増え続けているようです。猫の飼育費のほうが犬より4割も安く済むというのと、散歩などさせなくてもよいので高齢者にも買いやすいわけなのだそうです。
●2039年 深刻な火葬場不足に陥る 国内死亡者数がピークに
●東京一極集中は、「医療・介護地獄」を招く
●2942年問題 高齢者が4000万人でピークに(私が85歳時)

<主な内容>
第1部 人口減少カレンダー
2017年 「おばあちゃん大国」に変化
2018年 国立大学が倒産の危機へ
2019年 IT技術者が不足し始め、技術大国の地位揺らぐ
2020年 女性の2人に1人が50歳以上に
2021年 介護離職が大量発生する
2022年 「ひとり暮らし社会」が本格化する
2023年 企業の人件費がピークを迎え、経営を苦しめる
2024年 3人に1人が65歳以上の「超・高齢者大国」へ
2025年 ついに東京都も人口減少へ
2026年 認知症患者が700万人規模に
2027年 輸血用血液が不足する
2030年 百貨店も銀行も老人ホームも地方から消える
2033年 全国の住宅の3戸に1戸が空き家になる


45 books in 2017

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

全面禁煙 [D1.政治・経済・社会]

a1e953ba893e75b4235c3fb06159b7b2-e1442024415668.png handgun_control.jpg

  厚労省が、飲食店の全面禁煙を法令化しようとしたら、自民党議員が反対するという情けない事が起こっています。世界的にも先進国ではどこでも禁煙しているのに、日本だけなんですよね。緩いのは。これは、自民党議員が票が欲しいからです。野党もそれほど反対していないのですよね。

 こういうのって、アメリカの銃規制と一緒で、誰が見てもダメな事を、ダメと言わない政治家が多いです。票が欲しいのはわかりますが、こんな事でいいのかと思います。

 そしたら、全面禁煙に反対している議員に投票しないでおこうとおもっても、メディアは、その議員の名前を報道しません。これもどうかと思います。


 でも、最近は、ファミレスなどでは全面禁煙になってきているそうです。それは、若者はタバコを吸わなくなり、分煙しているような職場では働かないそうです。今は人手不足なので、この問題は深刻で、そういう事情から、全面禁煙のファーストフード店が増えてきたそうです。これは、なかなかいい現象ですね。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カルビーお客様相談室 [【F.広報】]

カルビーお客様相談室 クレーム客をファンに変える仕組み

カルビーお客様相談室 クレーム客をファンに変える仕組み

  • 作者: カルビーお客様相談室
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2017/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

内容紹介

クレーム客の95%がファンに変わる、カルビーのすごい「お客様対応」を初公開!

マニュアルやFAQを越える、本当の「お客様対応」とは?

2年連続の大規模自主回収など、過去の反省に立って、本当の「お客様本位」「顧客満足」の実現に向けて大きく変わったカルビー。
その象徴が、「お客様相談室」の存在です。

「お客様相談室」といえば、クレームや苦情の処理をする部署だと思われがち。
ですが、カルビーお客様相談室は、徹底してお客様の立場に立った丁寧な対応によってクレーム客をカルビーのファンに変えてしまうのです。

・ご指摘への対応は可能な限りスピーディに
・本音を言わないお客様の真意をつかむ話法とは
・お客様の声は5W1Hで確認して「カルテ」で共有
・お客様本位の考え方をいかに社内に浸透させていくか
・SNSやネットの“炎上"リスクを防ぐファンの存在

など……、
「お客様対応」と「部署を越えた社内活動」の仕組みを具体的に紹介しています。

お客様の声に耳を傾け続け、企業活動に活かすことで、愚直に、ひとりずつファンを増やしてきたカルビー。
本書では、そんなカルビーお客様相談室が実践してきた、受け身ではない、お客様対応の実学が、はじめて明かされます。

44 books in 2017


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ: