So-net無料ブログ作成
C5.統計学 ブログトップ

未来思考 [C5.統計学]

未来思考 10年先を読む「統計力」

未来思考 10年先を読む「統計力」

  • 作者: 神永 正博
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2010/02/05
  • メディア: 単行本

●明治時代に西洋医学を輸入し、大正半ばから昭和にかけて、乳児死亡率が劇的に減少した。西洋ではもっと以前から徐々に減少していた。よって、これが、急激な少子化を招いた(子供が死ななくなったから、多産の意味がなくなった)。

201302021734516e4.png

●年収・年齢別の配偶者・子どもがいる者の割合~年収が低い者ほど、配偶者・子どものいる割合が低い~

i3307000.png

内容(「BOOK」データベースより)

おびただしい情報、捏造される事実、操作される報道…。このような、“錯覚の中で生きる”私たちに必要なのは、「統計データ」で現代日本の真実に対峙し、問題点を発見し、解決策を見出していくことである。あなたの未来を解き明かす、必読の書。
.
7 books in 2015


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ヤバイ予測学 [C5.統計学]

ヤバい予測学 「何を買うか」から「いつ死ぬか」まであなたの行動はすべて読まれている

ヤバい予測学 「何を買うか」から「いつ死ぬか」まであなたの行動はすべて読まれている

  • 出版社/メーカー: 阪急コミュニケーションズ
  • 発売日: 2013/12/15
  • メディア: Kindle版

 これは、「風が吹けば桶屋がもうかる」というような事を統計から導き出すような予測学です。私には、このやり方ははまりますね。結構納得です。

内容紹介

予測分析(プレディクティブ・アナリティクス)とは、膨大なデータ群を活用して人々の行動を予測すること。 マーケティングから医療、保険まで多くの分野に導入され、早期退職は寿命を縮める、ベジタリアンは飛行機に遅れないといったことまでわかる。
35 books in 2014

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

統計学が最強の学問である [C5.統計学]

統計学が最強の学問である

統計学が最強の学問である

  • 作者: 西内 啓
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2013/01/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

.

一般化線形モデル(Generalized linear model)

toukeigaku02201.jpg

  The sexy job in the next ten years will be statisticians.と言われています。筆者は「ナイチンゲール的限界」を説いています。19世紀、ナイチンゲールの最も大きな業績の一つは、戦争中の死因の原因は、兵士の傷によるものよりも、その後の感染症によるものが圧倒的に多いことを明らかにし、清潔な病院を戦場に配備するように要求したことだそうです。そして、現代もこれくらいのデータ集計くらいしかしていないと統計リタラシーの低さを嘆いています。

統計学って、ちゃんと勉強してなかったですね。ちょっと、まとめておきましょう。

【標準偏差 Standard Deviation】

標準偏差 分散の正の平方根である。統計値や確率変数の散らばり具合(ばらつき)を表す数値のひとつであり、σ や s で表す。例えば、ある試験でクラス全員が同じ点数であった場合(すなわち全員が平均値であった場合)、データにはばらつきがないので、標準偏差と分散は0になる。

【正規分布】

確率論や統計学で用いられる正規分布(せいきぶんぷ、英語: normal distribution)またはガウス分布Gaussian distribution)とは、平均値の付近に集積するようなデータの分布を表した連続的な変数に関する確率分布である。中心極限定理により、独立な多数の因子の和として表される確率変数は正規分布に従う。このことにより正規分布は統計学や自然科学、社会科学の様々な場面で複雑な現象を簡単に表すモデルとして用いられている。たとえば実験における測定の誤差は正規分布に従って分布すると仮定され、不確かさの評価が計算されている。

【回帰分析 regression analysis

従属変数目的変数)と連続尺度の独立変数説明変数)の間に式を当てはめ、従属変数が説明変数によってどれくらい説明できるのかを定量的に分析することである。従属変数目的変数)とは、説明したい変数(注目している変数)を指す。独立変数説明変数)とは、これを説明するために用いられる変数のことである。経済学の例を挙げてみよう。経済全体の消費(C)を国民所得(Y)で説明する消費関数がC=a+cYという形で表されるとする。この例では、消費が従属変数、国民所得が説明変数に対応する。以下で述べる計算方法によってa,cといった係数の大きさを推計する。aを切片という。

【重回帰分析】

重回帰分析(じゅうかいきぶんせき)は、多変量解析の一つ。回帰分析の独立変数が複数になったもの。適切な変数を複数選択することで、計算しやすく誤差の少ない予測式を作ることができる。たとえば3つの独立変数がある場合、重回帰式はy = a + b1x1 + b2x2 + b3x3

【カイ二乗検定】

χ2検定とはある理論値を想定した時,実際の観測値がその理論値とほぼ一致しているかどうかを調べるための統計解析法のこと。

有意確率(p値);意味がある(意図的である)、すなわち、偶然とは考えにくい確率。検定において帰無仮説(無に帰したい仮説、すなわち、無しであるとしたい仮説)のもとで得られた統計量が実現する確率です。

【ロジスティック回帰分析 Logistic regression

ロジスティック回帰分析は発生確率を予測する手法です。基本的な考え方は線形回帰分析と同じなのですが、予測結果が 0 から 1 の間を取るように、数式やその前提に改良が加えられています。0 から 1 の間ということは、例えば 0.4 のような確率で予測を行うということになります。

2値ロジスティック回帰はダイレクトマーケティングでよく使われ、ある提案に反応する人々を特定するのに使われる(従属変数は「反応する=1」と「反応しない=0」である)。ダイレクトマーケティングの2値ロジスティック回帰モデルは「リフトチャート」を使って評価される。これは、過去のメールへの反応のデータとモデルによる予測結果を比較する。

【多変量解析 multivariate statistics】
 

多変量解析とは、複数の結果変数からなる多変量データを統計的に扱う手法。主成分分析、因子分析、クラスター分析などがある。

 

内容紹介

あえて断言しよう。あらゆる学問のなかで統計学が最強の学問であると。どんな権威やロジックも吹き飛ばして正解を導き出す統計学の影響は、現代社会で強まる一方である。「ビッグデータ」などの言葉が流行ることもそうした状況の現れだが、はたしてどれだけの人が、その本当の魅力とパワフルさを知っているだろうか。

本書では最新の事例と研究結果をもとに、基礎知識を押さえたうえで統計学の主要6分野
◎社会調査法
◎疫学・生物統計学
◎心理統計学
◎データマイニング
◎テキストマイニング
◎計量経済学
を横断的に解説するという、今までにない切り口で統計学の世界を案内する。

統計学によって得られる最善の道を使えば、お金を儲けることも、自分の知性を磨くことも、健康になることもずいぶんと楽になるだろう。だがそれはあくまで副産物である。統計リテラシーによって手に入る最も大きな価値は、自分の人生を自分がいつでも最善にコントロールできるという幸福な実感なのだ。
.
80 books in 2013

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ビック・データ [C5.統計学]

Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2013年 02月号 [雑誌]

Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2013年 02月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2013/01/10
  • メディア: 雑誌
仕事に役立つ統計学の教え

仕事に役立つ統計学の教え

  • 作者: 斎藤広達
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2013/04/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  最近「物理経済学」なるものの存在を知りました。Econophysicsと言うそうです。「投下している広告の半分は無駄だと解っているが、どっちの半分か解らない」という有名な話があります。以前、どの広告が有効かMarketing ROIを分析するため、そういうことをやる会社に分析してもらいましたが、ほとんどの職員は統計学学者でした。世の中、今、Big Dataの時代ですね。様々な暗黙知を統計学を使って立証するよおうな試みが始まっています。Data Scientistは、今世紀セクシーな職業になるでしょう。
 「測定の対象にならないものはマネジメントできない」byエドワーズ・デミング、ピーター・ドラッカー
 

●埋没費用(まいぼつひよう)ないしサンク・コスト(sunk cost)とは、事業に投下した資金のうち、事業の撤退・縮小を行ったとしても回収できない費用をいう。初期投資が大きく、他に転用ができない事業ほど埋没費用は大きくなるため、投資も新規企業の参入も慎重になる。このことにより、寡占論では埋没費用の多寡が参入障壁の高さを決める要因の1つであるとされる。よって、サンク・コストを考慮せず、将来の投資を考えるべきである。

裁定取引(さいていとりひき、アービトラージ, Arbitrage)とは、金利差や価格差を利用して売買し利鞘(りざや)を稼ぐ取引のこと。

●リーソース・アービトラージ;キーリーソース(人)をベースにして戦略を構築すること。

.
38 books in 2013

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

最強の武器「統計学」 [C5.統計学]

週刊 ダイヤモンド 2013年 3/30号 [雑誌]

週刊 ダイヤモンド 2013年 3/30号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2013/03/25
  • メディア: 雑誌

  今、統計学が熱いって思います。ITテクノロジーの進化に伴い、Big Dataが解析できるようになってきたからだと思います。

  「投下している広告の半分は無駄だとわかっているが、どっちの半分かが解らない」とかいっていた問題が統計学で分析できるようになってきました。

  だれでも使う「平均」というのが、ミスリーディングです。生データを調べたら、平均の数字に該当する項目が一番少ないとかよくある間違いです。

  統計学のスキルは、近未来の有望なスキルだと思いますね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
C5.統計学 ブログトップ