So-net無料ブログ作成

2015年を振り返って [Others]

 さて、今日で2015年も終わりです。例によって、今年の元旦の抱負を振り返ってみましょう。

 年末から原油安になり、円安ドル高にもなっていまし、日本株高にもなっています。そのせいでロシア経済も停滞しているし、新興国の通貨も弱くなっています。欧州経済もぱっとしないし、経済的にはあまりよさそうではありません。原油安は、少なくとも今年後半まで続くそうです。エネルギーを輸入に頼っている日本などは、かなりの恩恵を受けますが、円安は、原料を輸入している食品加工業などには、コストアップ要因となり、「値上げ→消費低迷」という構図にもなります。

 →原油安・円安ドル高は変わらず、新興国通貨も弱いままですね。夏の中国株の大暴落が一層、世界経済の低迷をもたらし、日本株も伸び悩みました。

 年内妥結ができなかったTPPは、米国大統領予備選が始まる前に妥結しないと(TPPにより不利になる産業団体からの支持をとれないので)、締結は難しいと言われています。デッドラインは春です。

 →結局もつれにもつれ10月に妥結しました。日本の参加表明が遅かった割にはよく妥結しましたね。

 イスラム国とかもどうなるんでしょうか。内向き米国。傍若無人なロシア、中国という構図は、2015年も続くのでしょう。

 →とうとう日本人も巻き込まれ1月に2人の日本人がISISに殺害されました。11月には、フランステロもおきました。イスラム国の発端は9.11にまでさかのびます。もっと言うなら中東に油田が発見され、アメリカがそれを確保しようと介入しいたのが発端でしょうか。

 米国のパワーダウンがロシア、中国を台頭させ、今や国際秩序がちゃんと保たれなくなってきていていると思います。

 個人的には、今年の新たなチャレンジは料理関連ですかね。栄養学とかも勉強したいし、ヌードルメーカー買って新しい麺も作ってみたいです。

 →料理関係は結局やりませんでした。年末に「食生活アドバイザー」の通信講座を申し込んだのでやるのは来年ですね。

可処分時間合計;2,300時間

●ランニング(昨年1,420km 180時間)→(今年190時間 8%)1500㎞ 1月から冬の早朝マラソンを習慣化させます。5月の横浜トライアスロン、9月の昭和公園トライアスロン、11月の福岡マラソンに続いて、カミさんと12月にシンガポールマラソンかホノルルマラソンに行こうかなと思います。会社でもランニング・クラブを作りたいですね。部長も。ラン初めて18年目ですが、ちょっとエポックメイキングな年にしたいです。次回のフルは、20回目になります。

→結局993kmでした。20回目のフルマラソンは来年に持ち越しです。きちんとしたスケジューリングが必要でしたね。日本での初トライアスロン完走は達成しました。


●ゴルフ(昨年20回、200時間)→(今年25回 250時間 11%)10組ゴルフ15回、高輪中東海 5回、会社コンペ 5回で合計25回で隔週でゴルフをやることになります。隔週でドライビングレンジで練習します。

→26回でほぼ予定通り。レッスンも6回受け、かなり上達しました。

●スポーツ・健康;筋トレをちゃんとらないといけません。家に器具は揃えました。ジムに通うかどうかは悩むところです。

→筋トレはもっぱら腹筋でした。

●趣味;美術展巡りは昨年は3回のみです。今年はもっと通うのと、絵を一つ描くことです。音楽は昨年暮れからWMで聞くようになりました。今年は、スポティファイなどがリリースされるので曲鑑賞は増えるでしょう。

→ここらへんはあまりやりませんでしたね。


●読書(127冊、550時間)→(115冊、500時間 22%)

→75冊とまあまあですか。


●ブログ(300時間)→(300時間 13%)今年も書きます。ちょっと効率的にしないと、また時間なくなりますね。

→会社のブログ(毎週)も始めました。


●英語(50時間)→(150時間 7%)もうちょっと真面目にやりましょう。

→今年は、オンライン英会話を30回くらい受けました。「オンライン英会話」は、なかなかいい学習法ですね。発音を中心に矯正してもらっていますが、あきると「フリートーク」にすると楽しく会話ができますので、この方法は長続きしそうです。


●会食(300時間)→(300時間13%)まっ、これは、付き合いですから、、。

●ボイトレ(50時間)→50時間(2%)

→もう2年もやっていますが、なかなかいい声にはなりませんね。


●その他(670時間)→(560時間 24%)このくらいは最低予定しておかないといけませんね。

9548482279022491451544288_jpg_thumbnail.jpg

これじゃあね、、。

日清食品グループ海外赴任者研修.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

2015年の人生初のイベント [Others]

2015年の人生初のイベント

3月 確定申告(20年前に確定申告をしましたが、それ以来です。比較的簡単でしたね) 役員ゴルフ

4月 カラーラン (風邪 2週間 by 炭水化物ダイエット)

5月 プロゴルフ観戦(日本で)

6月 6月面談 株主総会 スカイツリー

7月 リオ死去 (風邪 1週間 by トライアスロン)

9月 トライアスロン(日本 ウエットスーツ) イーグル達成

11月 大腸検査 駅伝応援 ブレザー・フルオーダー

12月 脳ドック  ポロシャツ・フルオーダー


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2015年度のラン [A1.ランニング]

2015年12月 現地スタッフ用理念プレゼンテーション.jpg

 「今年は全然走らなかったので太ってしまった」と書こうと思って、記録を集計すると、「う~ん」とそうでもないようですね。まあ、それほど追い込んではいませんが例年並みです。993kmでした。

   ちゃんと記録をつけるということは、冷静に分析できるのでいいですね。

1.1月11日 谷川真理ハーフマラソン  ハーフ 2時間15分

2.1月24日 新春川崎ラン       10km  53分30秒

3.2月1日  ワールドランナーズ    ハーフ 1時間59分

4.4月11日 カラーラン

5.4月19日 Bycycle Ride 2015    27km  2時間30分

6.6月14日 ガス橋開通記念ラン     8km  49分

7.7月5日 昭和記念公園トライアスロン S750km B20km R5km  1時間50分

8.9月27日 江戸前トライアスロン S350km B12km R2.5km 58分

 ということで、前半はきちんとレースに出ていましたが、後半は全然参加しませんでした。11月の福岡マラソンは、部下の結婚式のために出場できず、そういうのもちょっとラン練習のモチベーションも下がったのでしょうね。来年は福岡マラソンには応募しますが、もう一つくらい大きなフルマラソンの参加も必要ですね。

 会社の仲間と「カラー・ラン」をやりましたが、一度きりでしたので、来年は企業対抗駅伝とかにも出たいですね。

 去年は、早朝ランなんかやって頑張りましたが、今年はイマイチでしたね。

NoYearMileageNo of RaceFull Marathon
11998110  
21999484  
320001,47481
420011,533101
5200276072
62003240  
72004240  
82005240  
9200689331
1020071,562101
1120081,09883
12200985831
13201094522
1420111,19962
15201293582
162013390 1
1720141,399132
18201599380
     
 Total15,35386

19


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

兄貴の還暦祝い [Others]

 兄貴が11月に還暦を迎えたので、帰省を機にお祝いをしました。プレゼントは、ちゃんちゃんこ代わりの真赤なダウンジャケットです。

10183574t.jpg

1992 Penfolds Grange Bin 95, Australia(US$585)

  いつか飲もうと思っていた昔貰ったVintageもののワインでお祝いをしました。

 私も後2年経ったら「還暦」です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

人事部の、今、あるべき形 Works.133  2015年12月 [人事5-CSR・健康経営・人事部・労務]

w133_0_0.jpg

【特集】

人事部の、今、あるべき形

はじめに:世界の大企業が到達した、1つの「解」

●グローバル企業の人事部の機能論は1つに収斂しつつある

●4機能モデルを実現するグローバル企業への7の質問
/GE(GEヘルスケア・ジャパン アジアパシフィック、日本GE)/日本ヒューレット・パッカード/ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス
・なぜ、今、4機能が重視されているのか
・BPとはどんな役割なのか
・BPを支える「CoE」「OPs」とは何か
・全社の組織開発やタレント開発を担う「OD&TD」は、実際には何をするのか
・BPの能力とは何か、どのように育むのか
・本社、地域統括、現地法人にどのように4機能を振り分けているのか
・レポートラインをいかにつくり、機能させるか

●変化する日本企業 グローバルに向き合う組織へ  
・世界の「現場」に向き合う機能へ/日立製作所
・雇用慣行の異なる日本人は“特別扱い”で/HOYA

まとめ:人事と事業の、古くて新しい関係/石原直子(本誌編集長)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

戦略人事 Harvard Business Review 2015年12月号 [人事5-CSR・健康経営・人事部・労務]

ダイヤモンドハーバードビジネスレビュー 2015年 12 月号 [雑誌]

ダイヤモンドハーバードビジネスレビュー 2015年 12 月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2015/11/10
  • メディア: 雑誌

●財務における管理業務から財務戦略を生み出すCFO、営業からマーケティングを切り出して進化させCMOを生み出したように、人事も労務管理から戦略パートナーとなるCHROの出現が必要である。

●CHROの重要な3つの役割
    ①結果の予測;人事分野のちしきを元に予算目標の達成可能性を見極める力が求められる。全体の2%の人材(重要戦略ポスト)が組織に影響を与えているので、特にこの2%がちゃんと機能しているかどうかはCHROが把握すべきである。そのための評価指標も開発すべき。
    ②問題の原因究明;部署同士の関係性の機能不全を突き止めるべき。
    ③事業価値向上につながる施策の指示;CFOが数字の裏を読むのを得意とするのと同じく、CHROには、人材を品定めする鋭い目が求められる。

 CHROを目指す人々は、いずれかの時点で事業ラインの仕事を経験し、人材と予算、両方のマネジメントを経験すべきである。

内容紹介

│特集│戦略人事

●戦略は人に始まる
<CHROは経営者たれ>
・ラム・チャラン 経営アドバイザー
・ドミニク・バートン マッキンゼー・アンド・カンパニー グローバル・マネージン グ・ディレクター
・デニス・ケアリー コーン・フェリー 副会長

●日本企業は「継続性のマネジメント」から脱却せよ
<守りの人事から攻めの人事へ>
・八木洋介 LIXILグループ 執行役副社長

●求められるのは経営戦略を支えること
<なぜ人事部は嫌われるのか>
・ピーター・カッペリ ペンシルバニア大学 ウォートンスクール 教授

●サイバーエージェントはなぜ終身雇用にこだわるのか
【インタビュー】<人材が先、事業は後>
・藤田 晋 サイバーエージェント 代表取締役社長

●「シャイニー・オブジェクト症候群」を避ける4段階プロセス
<魅惑的な人事手法に飛びつくな>
・ジョン・ブードロー 南カリフォルニア大学 マーシャルスクール・オブ・ビジネス 教授
・スティーブン・ライス ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団 最高人事責任者

70 books in 2015


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

人事・人材開発2級 [人事5-CSR・健康経営・人事部・労務]

人事・人材開発2級 (ビジネス・キャリア検定試験 標準テキスト)人事・人材開発2級 (ビジネス・キャリア検定試験 標準テキスト)
  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 社会保険研究所
  • 発売日: 2007/07
  • メディア: 単行本

 「ビジネス・キャリア検定」という専門知識ではなく、実務知識があるかどうかの検定試験があります。前回、3級を読んで、今回は2級です。1級もあるらしいのですが、問題が論文だそうでテキストはないです。

●これまでの日本企業は、目標設定や権限分担について曖昧な状況のもとで、企業組織の運営が行われてきた。「一を聞いて十を知る」「腹を読む」など、暗黙のうちに物事を進めていく文化がある日本の企業組織では、こうした曖昧さを持つことで、逆に柔軟に組織運営することを可能にし、組織の効率を上げることができた。

●1945年以降、GHQの指導で、職務等級制度と職務給に基づいた人事制度が日本で広まった。しかし、仕事が変化するたびに職務評価をやり直さなければならなかった。そして、1960年頃から75年までの間に登場したのが、年功制に基づく社員格付け制度である。新技術などで仕事が変化しても賃金に影響がない柔軟な組織運営が可能であった。社員の平均年齢も若かったこともあり、年功賃金は低人件費を実現する人事政策として、企業の高収益と成長に寄与した。

●表彰は、労基法89条に基づく就業規則への相対的必要記載事項である。一般的に表彰と懲とは一対を成すものであり、懲戒のみを定めて表彰を設けないのは信賞必罰の均衡を欠くものと言わざる得ない。企業秩序を維持するために、禁止行為とそれに対応する懲戒の仕組みを設けることは、企業にとって自然な要求だといえる。だとすれば、懲戒制度の対比としての表彰制度を設けることで、秩序維持機能そのものがより完成度の高いものとなるわけである。

●「評価」は、社員に対する期待や人事評価の目的をはっきりさせたうえで、個々の評価要素がもつ特性を理解し、評価コストを加味して、最適な組み合わせを考えることが制度設計となるのである。

●仕事の大きさ=投入能力(発揮能力)だが 能力=投入能力+過去発揮済み潜在能力+潜在能力なので、これら全て、つまり社員が蓄積しているストックした能力(保有能力)を評価しないといけない。

●コミットメントの高い組織においては、エージェンシー費用を低く抑えることができる。社員が目標達成の意欲を高く持ち、自律的に働くので、組織ではとりたてて給与を高くすることや業務を監督する必要がないからである。反対に、コミットメントの低い組織においては、成果に対する評価を厳しくして、成果に反映した報酬を用意するなどのエージェンシー費用をかける必要がある。

●面談実施率を把握すべき。

●教育基本方針を制定する。 ①教育の目的 ②教育の基本方針 ③期待される人材像 ④教育の重点施策

●財団法人社会経済生産性本部の従業員満足度調査  従業員満足の五角形(仕事の手ごたえ、公正な人事処遇、働きやすい職場環境、経営姿勢への信頼感、会社のエクセレンス)

69 books in 2015


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

脳ドック [A5.健康メンテナンス]

DSC_0001hh.JPG

DSC_0002dd.JPG

DSC_0003ww.JPG

 初めての脳ドックです。まあ、MRIは二度目なのでそう初めてでもなかったですが。画像を見せられてもいいのか悪いのか素人には全く分かりませんでした。しかし、先生によると脳に変な隙間もないし、血管に動脈瘤みたいなものもないということで、この画像は立派な脳を映しているようです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

肺活量 [A5.健康メンテナンス]

ストックオプション係数(菓子事業想定)_3.jpg

 今日、健康診断を受けたのですが、肺活量が3,660mlでした。いつもよりは多かったのですが、30年間のグラフで見るとだんだん少なくなっていますね。

 赤のグラフは、適正値なので、加齢とともに肺活量は少なくなるのですね。真剣に走りこみをしている時は、4,680mlまでいきました。

   じゃあ肺活量が多いといい事があるかというと、ランニングや水泳にはいいのは当然ですが、ボイトレにもいいみたいですね。声量があれば、いろんな声も出しやすくなるということです。

 腹式呼吸をマスターして、空のペットボトルを吸ったり吐いたりするといいそうです。

 肺活量計とかもあるし、ちょっと鍛えましょうかね。

 肺活量の鍛え方  


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

2015年のトライアスロン(スイム、バイク) [A2.トライアスロン(自転車・スイム)]

 シンガポールで、トライアスロンを始めて、日本に帰国した後も続けようと思いました。

 一年目は、トライアスロン協会に登録しないとレースの申し込みもできないとか、ウエットスーツの着用義務があるとかいろいろややこしい規則があり、戸惑っているうちに過ぎました。

 二年目は、昨年ですが、昭和公園のアクアスロン(トライアスロンは満員で応募できず)に参加したのと、9月、10月に2度、42kmのバイクイベントに参加しました。9月末の昭南島のトライアスロンは台風のためスイムなしになり棄権です。

 今年は、いよいよ日本でのトライアスロン・デビューです。5月の横浜の大会はまたもや申し込みが間に合わず断念。しかし、7月の昭和公園のトライアスロンには参加できました。9月末の昭南島のウエットスーツを着てやるトライアスロンも経験しました。4月は27kmのバイクイベントに友人と参加しました。また、7月から10月まで行われる城南アクアスロンシリーズ(目黒区・にちがく・渋谷区・世田谷区・大田区各大会)S 300m/R 1.5kmで¥1,000と安いので参加しようと思ったのですが結局予定が合わず棄権でした。

 日本でトライアスロンとかやる人はちゃんとトレーニングをしている人が多いので、私もちゃんとスイムをやらないといけません。「平泳ぎ」の人は本当に少ないです。また、昭南島の大会は毎年台風の影響で雨なので、日程が変わらないならもうパスですね。

 来年からは、トライアスロンやその他のスイムやバイクの大会をどう楽しく参加するか考えないといけません。スイム用のスポーツウオッチも必要です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

2015年ゴルフ  [A3.ゴルフ]

プレゼンテーション1.jpg

 昨日で、2015年のゴルフは全て終了しました。今年は、予想通り昨年より6回多い26回でした(内1回は雨でハーフのみ)。平均ストロークは100と昨年より1いいだけでしたが、直近9回は96、直近5回ですとなんと93.8とかなりいい感じで終われました。

 まあ、これは練習の成果でしょうね。だいたい毎週末に多摩川のゴルフ場で練習していますし、プロのレッスンも6回受けました。

 フォームなどは、かなり改善してきたと思いますが、まだ40パット以上も結構ありますし、アプローチやバンカーショットは自信がないので、グリーン周りが課題です。

 ゴルフギア関係は、ゴルフバックケース、カップヌードルウッドカバー・マーカー、景品で貰ったGPSウオッチ、パターグリップ、アイアングリップ、パター練習マット、カーディガンを購入しました。

 例によって、過去からの記録は、

1991年 10月 Start  シンガポール時代
1992年
1993年  7回 125(平均) 114(最高) 
1994年  4回 125
1995年  16回 122  111

1999年  3回 127 福岡時代
2000年  5回 122
2001年  3回 117

2003年  6回 114 105 千葉時代
2004年 11回 117 101                               

2005年 19回 111  99 35(パット)53%(FWキープ)

2006年 19回 106  96 35 42% 東京時代                                

2007年 12回 106  98 36 42%                                    

2008年 19回 108  98 36 50%

2009年 13回 118  106 41 48% シンガポール時代

2010年 31回 115 103 41 44%

2011年 31回 111  93   39  43% 

2012年 49回 108 95 39  49%   

2013年  20回 107 95 37   47% シンガポール・東京時代  

2014年  20回  101  86  36

2015年 26回 100  91 40                    

通算322回 25年間(Net21年)

GDOハンディ 24


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ゴルフ [A3.ゴルフ]


 
 さて、今年最後のゴルフです。また、2015年の秋シーズンはこれで終了で、2016年春シーズンの開幕は、3月5日の会社のコンペからです。
 一昨年のゴルフ(昨年は中止)は、前日に雪が降ったりして大変寒かったようですが、今年は、そうでもなかったですね。ここのコースは、狭くて起伏があるのが特徴で、ティーショットを曲げると全てOBというのが特徴です。
 また、パットも入らず、ウッドもアイアンも決まらず、ダメだよな~なんて思っていましたら、なんとかスコアはまとまりました。過去9回で8回100を切っており、最近は90台でマネージできるようになってきたようです。 
 

カントリークラブ 95(47/48)  F(77% 10/14),SP 2/5, U 2/4 (44% 4/9),i5 3/5(60% 3/5),i6 1/2,i7 1/5 (29% 2/7) i9 1/4, P 0/1 A 2/3,S 4/8 (44% 7/16) PT46(61% 11 2パット以内/18)  合計54%  GDO24 (平均100.04)

 今回は、キャディーさんもついていたので、ずっと「歩き」にしましたが、歩きにすると2時間ランニングと同じ消費カロリーになるそうで、1,050kcalくらいだそうです。こう聞くと、次回からは必ず歩こうと思いますよね。7,500kcalで1kgですし、1、000Kcalだと結構暴飲暴食できちゃいます。 

今年26回目 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

雇用の未来 [人事4-キャリアプラン]

 最近は人手不足が深刻になっています。既に建設業界では、オリンピック前の建設特需に人が足りない状況です。飲食業界も「すき屋」など人が足らず閉店まで追い込まれている状況です。工場のオペレーターもかなりの人で不足です。企業の事務職の契約社員や派遣社員も人が不足している状況です。

 日本の労働人口推移を考えると、この状況は益々深刻になっていきます。そうすると、どうなるのでしょうか。政府は「一億総活躍」と言っているように、「女性」「高齢者」の活用が必須になってきます。 

 もう「共働き」は 当たり前のようになってきました。まあ、夫婦で働けば、二人合わせれば、若い時でも課長級のサラリーはもらえるでしょうし、中堅になれば部長級以上のサラリーになるので、余裕のある生活ができると思うので、この傾向はどんどん進むでしょう。

  次のトレンドは、「高齢者」でしょうね。既に定年後も「再雇用」や「起業」したりと労働市場に参入しています。それ以外にも、私は、今の「契約社員」や「派遣社員」に高齢者が参入してくると思います。これは、生活のためというより「社会に関わりたい」「若い人と過ごしたい」というニーズはあると思います。企業としても、質の高い労働力を確保できるのでWInWinになると思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

せんたく便 [D5.マーケティング]

DSC_0007kkk.JPG

 日本に帰ってきてから3年、毎回、「せんたく便」という、クリーニング+保管サービスを夏と冬の衣替えのシーズンに利用しています。15点で9,080円と凄くお得です。しかも保管スペースを節約できなんともいいサービスだと思います。ただ、途中で服が必要になった時でも最初に決めた返却時しか受け取れません。よって、夏のスーツとジャケット+ズボンは、1着づつは、手元に保管して置き、冬の間に南半球に出張の時に準備しておきます。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

タイ [B1.旅行・出張]

12360334_944150688972003_8965153118648965443_n.jpg

 ちょうど3年ぶりのタイです。東南アジアは活気があっていいですね。特に日本が冬の時に行くと、暑くて、元気もらえて最高です。

   そして、便利になりました。数年前から羽田から東南アジア便が始まって「便利になったな」と思っていたのですが、往復深夜便というのが難点でした。今は、午前中の10~11時に出発して夕方着くという便があり、とても楽ちんです。家のすぐそばにバス停があり、そこにリムジンバスが止まってくれて、45分で羽田空港まで行くので、タイに行くのに、なんか東京駅に行って、新幹線で博多まで行く感覚です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

China2049 [D2.日本史・世界史・近未来]

China 2049

China 2049

  • 作者: マイケル・ピルズベリー
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2015/09/03
  • メディア: 単行本

]

 米国出張中に、朝、ホテルで朝食を取っているときに、タブレットで日経新聞を読んでいたら著者の記事が出ており、この本のことが書かれていたので、帰りの飛行機で読もうと早速Kindleで購入しました。

 世の中、便利になりましたね。ちょっと前まで、こんな芸当は想像すらしませんでした。

 購入のきっかけは、訳者が書いている「本書は米国における中国専門家として著名であるばかりでなく 、米国政府の対中政策に最も深く関わってきたマイケル ・ピルズベリ ー博士の中国論である 。ピルズベリ ー博士は実際 、本書の中で 「ニクソン政権以来 、 3 0年にわたって政府機関で働いていた中国の専門家として誰よりも中国の軍部や諜報機関に通じていると断言できる 」と自負している 。その本人が本書の冒頭で 、米国は中国の国家戦略の根底にある意図を見抜くことができず 、騙されつづけてきたと告白する 。この告白は衝撃的である 。我々はこれほど中国に精通し 、中国要人と交流のあった同博士でさえ中国に欺かれ続け 、それを知らずに歴代米国政権が対中政策をピルズベリ ー博士の助言や勧告に基づいて進めてきた事実を知って今更の如く愕然とする 。」ということからです。

 「まさか」とか思いますが、人類の歴史を見る限り、そういう事は起こりうると思います。

●パンダハガー   中国支持者

●“ F o r X i , a ‘ C h i n a D r e a m ' o f M i l i t a r y P o w e r . ”

●アメリカの戦力投射システムの要素には 、前線に配備された大陸間弾道ミサイル ( I C B M )と基地 、戦闘機への燃料補給能力 、核爆弾 、長距離の軍隊輸送能力が含まれる 。ソビエトはこのアメリカ流の戦力投射を真似ようとしたが 、中国はそうしないことを決めた 。なぜなら 、早まってそのようなことをすれば 、覇権国の怒りを買い 、戦国時代の教えに背くことになるからだ 。中国の指導者は知っていた 。かつてソ連の軍拡がアメリカを警戒させ 、第二次大戦中にスタ ーリンが結んだ米ソの協力体制は打ち切られ 、ソ連への投資や貿易は禁止され 、ついには冷戦が始まったことを 。中国政府はモスクワの轍を踏むまいと誓った 。そんなことをすれば 、マラソンはゴ ールに行き着かずに終わる 。

●戦国時代の多くの物語において 、策謀家は戦略を選ぶ前に 、力の均衡を慎重に判断する 。これは 、伝統的なアメリカのビジネスル ール 、 「測れるものは改善できる 」に通じる教えだ 。シンプルな教えだが 、意味は奥深い 。改善しなければならないものをよく知らなければ 、改善できないということだ

68 books in 2015


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

セルフトークマネジメントのすすめ [人事2-コンピテンシー・イノベーション]

セルフトーク・マネジメントのすすめ

セルフトーク・マネジメントのすすめ

  • 作者: 鈴木義幸
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2008/05/01
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)
  5年前に読んだ本ですが、また読み返してみました。

●誰にでも「自分はこうあるべきだ」というアイデンティティーがある。それが揺らぐと「こんなはずじゃない」とセルフトークAが出て、それが雑念となってパフォーマンスが下がる。

●私にはパワーオブクエスチョンがある。

●セルフトークトークAを消すには、それを認識するための瞑想がよい。

●会社を出て一番最初の横断歩道を渡る時に完全に仕事を忘れる。

 ●人は人にレッテルを貼りやすい 。
67 books in 2015

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

肥満の原因 [A5.健康メンテナンス]

902ca18a.jpg

 今日、体重計にのったら、なんと「65.6㎏!!」になっていました。

 ありえないですよね。なんでこんなになってしまったのでしょう。この1年で6kgも太ってしまった事になります。転勤したりすると生活のリズムが狂うので、体重が増加するのが、今までのパターンでした。今回は転職だったので、かなり警戒して、お昼は炭水化物ダイエット、宴会の席もお酒は控えめにしたり、トライアスロンにチャレンジなどいろいろやっていたのにどうしたことでしょう。

 今年の今までの走行距離を計算してみました。今年は884kmです。昨年は、1,420kmで昨年より536kmも足りません。熱量で計算すると32,000kcalになります。4.6㎏分ですね。ということは、ほぼランニング量が足りていないという事です。月、100km超えたのは2か月だけですもんね。

   この原因は、ズバリ「ゴルフ」でしょうね。今年はちょっとプレー数が増えました。その分、ランが減ったと思われます。

 来年は、ゴルフはシーズン制を導入して、ゴルフとランのメリハリを付けます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

10組番外冬の平日ゴルフ [A3.ゴルフ]

DSC_0003ggggggg.jpg

    「10組ゴルフ」という高校の同級生と月一でやるゴルフに加えて、「平日にいいゴルフ場でやろう」というのが、夏、冬に企画されていて、その冬バージョンです。

  非常に手入れの行き届いたコースでした。秋晴れですが、風速7mと風が強い一日でした。

  しかし、私は今日どうしたのでしょう。第一ホールから、パットがどんどん入ります。結局、一パットが8回です。

  パットは決まれば、スコアをいい点数がでるということですね、、。

 DSC_0005gggggg.jpg

 しかし、こんな秋の澄み切った景色を平日に会社サボって満喫するのはなかなかいい感じですね。

東急セブンハンドレッド 92(43/49)  F(36% 5/14),SP 5/6, U 4/5 (82% 9/11),i4 0/1,i5 0/4(0% 0/5),i6 0/2,i7 0/2, i8 0/2 (0% 0/6) i9 2/3, P 0/1 A 1/5,S 7/11 (50% 10/20) PT33(89% 16 2パット以内/18)  合計54%  GDO24 (平均100.25)

   悪かったのは、ドライバーとロング・ミドルアイアンですが、ウッドとショートアイアン、バンカーショットが良かったのと、パットが素晴らしかったのが好スコアの要因です。

 ドライバーでミスったのをウッドでカバーし、アイアンでミスって、グリーン周りで挽回という構図です。

今年24回目


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

日本型インダストリー4.0 [D4.経営戦略]

日本型インダストリー4.0

日本型インダストリー4.0

  • 作者: 長島 聡
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2015/10/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

●今までは工場建設や生産ラインの稼働後に発覚していた不具合を、バーチャル上で事前にシュミレーションすることで最小化できるようになってきている。「バーチャル・インダストリアライゼーション」により、工場建設のみならず、実際の工場稼働とデジタルが代替するようになってきているうのだ。

【内容紹介】

インダストリー4.0とは、インターネットやクラウド技術によって、産業・ものづくりのあり方を大きく変えようとするドイツ発の運動のこと。消費者を起点に、工場や企業の枠を超えて連携を高め、受発注や商品開発の効率性、生産性を飛躍的に向上させよう、というのがそのコンセプトだ。

インダストリー4.0は、もともとの現場力が高い日本企業と相性がよい。どのように日本流にカスタマイズし、「おいしいとこどり」をすればよいのか、いま製造業の現場がもっとも知りたい疑問に応えるのが本書だ。

複雑なインダストリー4.0の考え方を、本書では「つながる」「代替する」「創造する」というシンプルな3つのキーワードで明快に解き明かす。日本はもちろん、ドイツはじめ欧州の現場を渡り歩いた著者ならではの具体的な事例を多数紹介しながら、日本の製造業が進化するヒントを提供する。

66 books in 2015


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: