So-net無料ブログ作成
検索選択

プラチナタウン [D2.日本史・世界史・近未来]

プラチナタウン (祥伝社文庫)

プラチナタウン (祥伝社文庫)

  • 作者: 楡 周平
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2011/07/22
  • メディア: 文庫
  過疎地を老人向けニュータウンへ帰るという話です。日本は、100年後には、人口は三分の一まで減少するといわれており、その際、人口は便利なインフラを求めて、大都市に集中するといわれており、地方の過疎化は大変深刻になるだろうと言われています。しかし、インフラは、既にあるし、それを殺さず、狭い日本の国土に皆が有効に使えば、理論上は生活の質も上がるはずです。高齢者の貯金も有効活用されるべきです。
  その一つの解決法が、こういう話なんでしょうね。昔、アメリカの保養地でこういう施設があるのを聞いたことを思い出しました。介護をする人が、全体の一割が必要ということで、その人たちとその家族の生活のことも考えなければなりませんよね。後、介護の仕事は、過酷な割には賃金が安いということも問題でしょう。この物語はそこらへんも触れています。
  今、伊豆あたりに、リタイヤ者向けの、マンションなどが売り出されています。海外で余生をというのもありますね。
  ネットと宅配があれば、結構生きていけるような世の中になってきたので、これは、地方化にはプラスの方向ですね。
  シンガポールのディベロッパーは、中国にニュータウンを建設しています。このノウハウをビジネス化しています。老人向けニュータウンの建設のノウハウを日本が獲得すれば、それを海外展開するということもできますね。

内容紹介

堀田力さんさわやか福祉財団理事長・弁護士 、推薦!           「この作品は、大震災を経験して いっそう社会から求められるものになる」  「老人介護」や「地方の疲弊」に真っ向から挑む社会派ビジネス小説! 出世街道を外された総合商社部長の山崎鉄郎は、やけ酒を呷り泥酔。気がついた時には厖大な負債を抱えた故郷緑原町の町長を引き受けることに。だが、就任してわかったことは、想像以上にひどい実情だった。私腹を肥やそうとする町議会のドンや、田舎ゆえの非常識。そんな困難に挫けず鉄郎が採った財政再建の道は、老人向けテーマパークタウンの誘致だったのだが……。

内容(「BOOK」データベースより)

出世街道を外された総合商社部長の山崎鉄郎は、やけ酒を呷り泥酔。気がついた時には厖大な負債を抱えた故郷緑原町の町長を引き受けることに。だが、就任してわかったことは、想像以上にひどい実情だった。私腹を肥やそうとする町議会のドンや、田舎ゆえの非常識。そんな困難に挫けず鉄郎が採った財政再建の道は、老人向けテーマパークタウンの誘致だったのだが…。
.
102 books in 2013

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

日本の朝鮮統治を検証する [D2.日本史・世界史・近未来]

「日本の朝鮮統治」を検証する1910-1945

「日本の朝鮮統治」を検証する1910-1945

  • 作者: ジョージ アキタ
  • 出版社/メーカー: 草思社
  • 発売日: 2013/08/23
  • メディア: 単行本
  日本の朝鮮植民地支配(1910-45年)に対する研究は、時代と伴に変化しているそうです。1950年代初めから、朝鮮が受けた犠牲に焦点を当てた民族史観的研究が主であり、現在も続いていますが、1980年代半ば頃からは、韓国、アメリカにおいて少数の学者が、国家の近代化を朝鮮の歴史研究(日本の植民統治)を通して研究するようになったそうです(植民地発展論)。そして、近年現れた第三の研究分野は、植民地の近代性に関わるもので、これは、伝統的な朝鮮社会が近代に足を踏み入れた過程を分析することによって、日本統治の実態を検証しようというもので、朝鮮の社会、経済、技術革新面における適応能力に焦点を当てています。
.
   この著書の話とは別に、私は、この頃の日本の動きに驚異的なものを感じます。明治維新は、1868年です。それまではずっと鎖国をしてたサムライ時代で海外との接触がなかったにも関わらず、それから26年後の1894年には、日清戦争、1904年には、日露戦争など、大国と戦争ができるほどの国力をどうやって育んだのでしょうか。しかも、1895年には台湾統治、そして1910年のこの朝鮮統治です。
.
  今でさえ、グローバル化だ異文化理解だと言っているのに、異文化に触れ始めて、20-40年で、大量の日本人が、海外とこう激しく接触する動きは驚きです。開国を迫った黒船は、こういう近未来を想像だにしなかったでしょうね。
.
  初代台湾総督の樺山資紀は、1837年に薩摩藩士の三男として生まれました。そして、サムライとして育ち、31歳の時に明治維新を経験し、58歳の時に総督になったわけです。
.
   この適応能力は、驚異的ですよね。
.
【紹介】近年アメリカでは日本の朝鮮統治に関する実証研究が進み、史上最も苛酷な植民地支配といった民族主義の視点に立つ暗黒史観は修正されつつある。米国の歴史学者が10 余年に及ぶ研究にもとづきこれを検証。日本統治下の朝鮮では現実主義、相互主義的でバランスのとれた政策が実施され、それが戦後韓国の発展の礎となったと結論づけた瞠目の書!

内容(「BOOK」データベースより)

日本の朝鮮統治史研究においては、統治下の朝鮮の人々の否定的な体験に焦点をしぼった民族史観的パラダイムが大勢を占めてきた。だが、こうした体験談のみで朝鮮統治のすべてを語れるのだろうか。アメリカの2人の研究者が、あくまでも史実に基づき、可能な限り客観的にこれを検証。本来の意味での修正主義史観による最新の研究成果を紹介しつつ、日本の統治政策が「当時としては驚くほど現実的、穏健かつ公平で、日朝双方の手を携えた発展を意図した」ものであり、朝鮮の近代化に貢献し、戦後韓国の奇跡的な発展に繋がったことを明らかにしてゆく。ナショナリズムに偏した一面的な歴史認識に180度の修正を迫る第一級の研究書である。
101 books in 2013

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

日本人が海外で最高の仕事をする方法 [人事3-人材育成・グローバル人材・評価]

日本人が海外で最高の仕事をする方法――スキルよりも大切なもの

日本人が海外で最高の仕事をする方法――スキルよりも大切なもの

  • 作者: 糸木 公廣
  • 出版社/メーカー: 英治出版
  • 発売日: 2013/11/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

  以前一緒に働いていた同僚の書いた本です。自分の海外での経験とその時、学んだことを成功も失敗も包み隠さず描かかれていて、リアル感満載です。

 「人」中心のマネジメントは、当たり前のようで、なかなかできないものです。グローバルだ海外だと特別に考えず、本質は何だと考えさせる本だと思います。

 「グローバル」という言葉に翻弄されている方は、是非読まれるといいと思いますね。

内容紹介

人を信じられる人が、いちばん強いのです。――20年、9カ国の海外赴任。先進国も途上国も、新ビジネスも工場閉鎖も、現場も社長も経験した著者が七転八倒のストーリーで語る、多様な世界=これからの時代を生き抜くための「心の使い方」。

「もう日本に帰ってくれ」。初の海外赴任で現地のビジネスパートナーから言われた一言が、自分の目を開かせてくれた――。ソニーの社員として20年、9カ国を渡り歩き、徹底して「人」を見つめ、異なる環境で、異なるバックグラウンドの人たちと協力し合って成果をあげてきた著者。インドでは映画に熱中して新商品を開発、ルーマニアでは民族料理を起点に人脈づくり、ベトナムでは伝統文化を活かした広告でシェアNo.1奪取、リストラさえも社員皆が笑顔でやり遂げ、不振の韓国では社員の意欲に火をつけ記録的業績を達成……愚直に「人」に向き合えば、結果は後からついてきた。途上国から先進国まで、現場から経営まで、圧倒的に豊富な経験から得られた貴重な学びの数々を、ストーリーでわかりやすく語る。海外赴任・海外経営の関係者はもちろん、ますます多様化・グローバル化する世界を生きるビジネスマンの「確かな指針」となる一冊。

序章 どこの国でも相手は人
第1章 現地に飛び込む――失敗からのスタート、助けてくれたのは映画だった
第2章 「違い」を活かす――わかったと思うと裏切られ…外国人としての強みとは
第3章 逃げずに向き合う――ヨーロッパでの大仕事で大失敗。さあ、どうする?
第4章 文化を知り、人を知る――ベトナム人の心をつかんだ広告はこうして生まれた
第5章 自分を見せる――「三重苦」の国・韓国へ…コミュニケーションで会社を変える
第6章 誇りと喜びを育む――ついに熱狂する社員たち。信じてきたことは正しかった
終章 異なるものに出会う意味

100 books in 2013


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Havarad Business Review 2013年12月号 [人事1-組織開発・ダイバーシティ・採用]

Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2013年 12月号 [雑誌]

Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2013年 12月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2013/11/09
  • メディア: 雑誌

内容紹介

理想の会社

【Feature Articles】

社員に最高の仕事をさせる
「夢の職場」をつくる6つの原則
ロブ・ゴフィー ロンドン・ビジネス・スクール 名誉教授
ガレス・ジョーンズ IEビジネス・スクール 客員教授

株主中心モデルと従業員中心モデルの統合を目指して
よい会社は よい経営からしか生まれない
平野正雄 早稲田大学商学学術院 教授
99 books in 2013

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

マンオブスチール [B2.映画]

マン・オブ・スティール ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [DVD]

マン・オブ・スティール ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD

  しかい、ハリウッドのこの手のSF的な映画を撮る監督のレベルは相当下がってきましたね。映画がの中のストーリーが非常にプアです。

  多分、CGとかそういうテクニックとかに焦点を当てているのだと思います、

内容紹介

ザック・スナイダー監督(『ウォッチメン』『300<スリーハンドレッド>』)×クリストファー・ノーラン製作(「ダークナイト」3部作監督)で放つアクション・エンターテイメント!

最強のヒーロー(“スーパーマン") vs 最凶の侵略者(“ゾッド将軍") 幼い頃から超人的な力を持つ少年、クラーク・ケント。彼は親との約束でその特別な力を封印し、孤独な少年時代を過ごした。成長し、クラークを守ろうとして 死んだ父の「使命を突き止めろ」という教えに導かれて放浪の旅に出た彼は、遂に自分の真実を知る。爆発寸前の惑星クリプトンで、実の父親が生まれたばかり の彼を地球へ送り出したのだ。己の正体に葛藤するクラーク。しかしその時、クリプトン唯一の生き残りであるゾッド将軍と反乱軍がクラークが地球にいることを突き止めた。それは、人類の存亡を賭けた闘いが始まることを意味していた――!

製作は、「ダークナイト」3部作で数々の伝説を打ち立てたクリストファー・ノーラン。自らストーリーも担当、完全無欠のヒーロー像とは大きく異なる、悩み、 葛藤するスーパーマン像を作り上げた。監督は、『300<スリーハンドレッド>』のザック・スナイダー。二人の天才のコラボレーションが可能にした、見た ことのない映像に世界中の興奮がやまない!
★★

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

もう一つのソニー自叙伝 [人事5-CSR・健康経営・人事部・労務]

「沈まぬ太陽」に続いて、1960年代の労働組合の活動に関する本です。今とは、全然世相の違う20世紀の日本の姿ですね。

【内容紹介】ソニー(株)は、創立四五周年に際して、ソニー創立四五周年記念誌『源流』を、同五〇周年に『GENRYU源流』を発行した。その後、これを底本とした『ソニー自叙伝』がワック社から発行され、一般書店をつうじて販売された。ソニーが今日あるのには、斬新な着想や経営戦略があったことを否定するつもりはないが、生産を支えた多くの労働者の存在なしには語れないはずである。ソニー労組(当時は東京通信工業労組)の結成を直接目撃し、一九七五年に退社するまで、同労組青年婦人部長、中央執行委員などを歴任した者として、労働者の奮闘かつ苦闘ぶりを語る責任を痛感していた。そこで、かつて労働関係などの雑誌に発表した論文などを一書にまとめ、あえて書名も『もうひとつのソニー自叙伝』として世に問うことにした。

目次 : 1 ソニー労組のたたかいの歴史と役割、これからの課題を考える/ 2 会社と第二組合の攻撃のなかで/ 3 ソニーにおける合理化の実態/ 4 ソニーの搾取形態/ 5 ソニーの「人間尊重」経営批判/ 6 ルポルタージュ 工場と寮と学校の三角形/ 7 ルポルタージュ 分裂から統一へ 電機労働者の要求とたたかい/ 8 ソニー労働者の時短闘争/ 9 ソニーにおけるKJ法、労務管理/ 10 「学歴無用論」の真相

98 books in 2013


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

パシフィック・リム [B2.映画]

パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]

パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray
  これも、日本のアニメの影響なんでしょうか? KAIJUなんて単語がきっとクールと思うんでしょう。監督は、たぶんアニメ世代だと思います。

内容紹介

日本のインスピレーションが、ハリウッドを本気にさせた! 監督 ギレルモ・デル・トロが圧倒的スケールと迫力で描く、SFアクション超大作! <<人型巨大兵器 vs 巨大KAIJU>> 人類よ、立ち上がれ。この巨兵と共に!

深海から突然、出現した巨大で凶暴なエイリアン“KAIJU"。それは何年にもわたって何百万もの人命を奪い、人類の資源を消耗していく戦いの始まりだった。巨大なKAIJUと戦うため、人類は特殊な兵器を開発。“イェーガー"と名づけられたその人型巨大兵器は2人のパイロットが同時に操縦する。彼らは操縦前に、神経ブリッジを通して互いの脳を同調させる“ドリフト"というプロセスを経て戦闘態勢に入るのだ。最初は優勢だったイェーガーだが、KAIJUは出現のたびにパワーを増していき、その容赦ない襲撃の前に、人類は対抗できなくなっていく。いよいよ滅亡の危機に瀕し、人類を必死に守っている者たちに残された選択肢はただ1つ。疲れきって一度はパイロットをやめた男(チャーリー・ハナム)と、実戦経験のない新人(菊地凛子)という、ふつうなら考えられない2人がコンビを組み、旧式のイェーガーで戦うことになった。彼らは、迫りくる滅亡を食い止める人類最後の希望としてKAIJUに立ち向かう。
★★

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ロボット社会 [D2.日本史・世界史・近未来]

  人間は近未来をOver estimateして、長期未来をUnder estimateするそうです。なんとなくわかりますね。新しいテクノロジィーなんか早く実現して欲しいし、自分がいない未来の想像はそんなに期待しません。

  しかし、長寿社会になるとちょっと違ってきますよね。私が100歳くらいの爺さんでまだ生きていたらどうなるかなんて楽しみですね。

  ロボットが活躍する社会になるのは間違いないでしょう。今でもここまで進んでいるのですから。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

矛盾だらけの世の中 [D1.政治・経済・社会]

apes.jpg  

  世の中矛盾している事が結構あるよなとか最近思います。先進国の肥満による健康問題が結構話題になります。それにより医療費が増大しているとかです。一方で、飢餓で苦しんでいる人も世界には大勢いるわけです。そしたら、先進国で必要以上に食物をとっている分、そうでない人に何故分配できないのでしょう。しかも、世界の人口は今60億強ですが、2100年には、100億にもなると予想されており、その人たちを養うだけの資源はないとか言われているのにです。

20071023-obesity2.gif

 必要な分だけ、食物を摂取すれば、皆、健康で、莫大な医療費もいらなくなるという単純なことができてない今の世の中をなんとか改革しないといけないと思います。

 お金を払ってジムに行くのも原始時代の人からすると、なんと愚かだと思われるでしょう。百歩譲って、身体を鍛えたければ、肉体労働をアルバイトでやれば、一石二鳥で社会にも貢献できます。

  同じことが、資源にも言えます。いらなくなった家具、家電、衣類など様々なまだ使える物を我々は捨てます。そして捨てるためにお金を払ったりします。また、新しい物を購入するのにお金が必要ですが、給料が上がらないと嘆いたりもします。物を大事に使えば、給料が上がらなくてもうまくやっていけると思います。

  世の中が、少しエコ・ムードやグリーンを意識するようになったのは、いい傾向です。

  日本には、「腹八分目」や「もったいない」文化があります。先人の賢い知恵ですね。

  このコンセプトを20世紀、産業革命が起こした「大量消費時代」からの脱却に使いたいですね。

  どう思います?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カムバック制度 [D2.日本史・世界史・近未来]

20070222_1131.gif

 “氷河期世代”は70年から82年までの13年間の間に生まれた人とされています。それに対して、バブル世代は1965年~69年生まれとされていて、こちらはわずか5年間。この13年間を大きく1970年~1976年生まれまでの“氷河期世代前期(37-43歳)”と、1977年~1982年生まれまでの“氷河期世代後期(31-36歳)”に分けてみましょう。

 31-36歳というと、人生の大きな節目の時期であります。結婚適齢期、女性の場合だと出産適齢期にもなります。また、積極的に転職を考えるのもこの時期までかなと思います。ちょうど管理職になる一歩前という時期でしょうか。

 この“氷河期世代後期(31-36歳)”世代は、昨今、以前よりも転職が多い気がします。折角就職氷河期に入社したのにもかかわらずにです。しかも、転職の理由がそれほど大きな理由がなく、詳細な調査などもそれほどやらず、「となりの芝が青く見える」的な発想のようです。

 どうも、この理由は、大量雇用のバブル世代の後なので、企業内の人口ピラミッドの中で、マイノリティーになり、気軽に人生相談できる2、3歳年上の先輩が他の世代に比べ極端に少ないのではなかろうかと思います。

 よって、転職した後、「こんなはずじゃなかった」とまた転職したり、元の会社に戻るケースも見られます。

 もし、こういうケースが少なからずあるのであれば、企業としては、折角育てた若手を大した理由もなく失うのは損失だと思います。欧米では、「メンター制度」を充実させ、先輩・後輩制度を制度化している会社もあります。日本企業は、組織が綺麗なピラミッド時代には、自然発生的に先輩・後輩は醸成されていたので、必要なかったのですが、そうでない場合は、意識的に、構築してあげなければならない制度だと思います。

 また、退職した若手が非常に優秀な場合、しかも転職の動機が甘い場合は、また呼び戻すシステムも必要になるかもしれません。

 上記理由ではなく、ライフイベントにより、退職せざるおえない女性などに対しては、既に「カムバック制度」を始めている日本企業も出てきました。

 この記事のように、退職している間にスキルを更に向上させている場合は、企業にとって、再雇用するメリットは非常に高くなり、Win-Winの状態が構築できるので、制度としてSustainabilityがあると思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感