So-net無料ブログ作成
検索選択

Golf [A3.ゴルフ]

orchid-country-club-singapore_290720090210491235.jpg

 いつもやっているゴルフ場は難しいので、「たまには簡単なところでやりたい」ということで、時々、チームビルディングなどで利用しているOrchid Golf Clubでやりました。

Orchid Golf Culb 103 P39 F9(64%,P0) B1(1) I49

今年2回目


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

セルフトークマネジメントのすすめ [C3.プレゼンテーション・ボイトレ (話す)]

セルフトーク・マネジメントのすすめ

セルフトーク・マネジメントのすすめ

  • 作者: 鈴木 義幸
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2008/04/24
  • メディア: ハードカバー

今コーチングを受けている鈴木先生の本です。

●行動をかえるために、アイデンティティや価値観、世界観‐つまりビリーフをかえようとという考え方がある。行動に至るプロセスはビリーフが刺激を受けてスタートするからである。神を絶対的に信じている(諸外国の)人達にとっては、ビリーフを書きかえる作業は日本人に比べてそんなに難しくはない、彼らは、自分達は、「神の子」という認識があるから、一方日本人は、絶対的な「よりどころ」がないので、自分が持っている価値観・信条体系のすべて(つまりビリーフ)がイコール自分自身だとおもっているので、難しい。

●「話し方入門」デール・カーネギー → スピーチで緊張しないための一番の得策は内容を話したいことだらけにすること。

内容紹介

「スピーチ」「面接」「プレゼン」「商談」など、ビジネスの現場において本当に役に立つセルフコントロールの方法、それが本書で解説する「セルフトーク・マネジメント」です。

なぜ、コーチングのプロがセルフコントロールの本を書くのか?
それは、コーチングが、次の一文を理想としているからです。
I coach you so that you can coach yourself.
「私はあなたをコーチします。あなたがあなた自身をコーチできるようになるために」「相手の自発的な行動を促進するコミュニケーションの技術」であるコーチングを、自分に対して適切に使ったとき、それは非常に効果的なセルフコントロールの技術となるのです。「セルフトーク」とは、言葉から連想できるとおり、「自分の中での会話」です。本書では、このセルフトークが人の感情や行動と密接に関係していることを示したのち、セルフトークを通じて自分自身をコントロールする方法を次の4つのフェーズに分け、具体例を交えながら解説しています。
セルフトークを「変える」……ネガティブな感情から脱する方法
セルフトークを「使う」……行動を強化・修正する方法
セルフトークを「減らす」……集中力を高める方法
セルフトークを「なくす」……最高の実力を発揮する方法

「どうすればいつも変わらずに実力を発揮できるのか?」
「どうすれば緊張を下げられるのか?」
「どうすれば怒りを抑えられるのか?
「どうすれば恐怖を乗り越えられるのか?」
「どうすればクセは治せるのか?」
「どうすれば集中力を上げられるのか?」
「ゾーンに入るヒントとは?」

これらの問いに対する、現時点でもっとも有効な回答が本書にはあります。
今年3冊目

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

新聞取材 [人事2-コンピテンシー・イノベーション]

DL Uemura San.jpg

CESに行った感想の取材があり、今日、シンガポールで一番有名なStrait TimesのThe Digital LifeというSupplement Issueの紙面に載りました。これでも紙面の1/3の大きさですから広告効果としては、まずまずですかね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

The Green Hornet [B2.映画]

images.jpg

  熱ももちなおしたので、会社には行けました。夜は、「The Green Hornet」の試写会があり、Jay Chauも舞台挨拶に来るというので、観てきました。

 なかなかコミカルな内容なんですね。Action映画と思っていましたが。

★★★

今年3本目


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

Made in Japan [D4.経営戦略]

Made in Japan: Akio Morita and Sony

Made in Japan: Akio Morita and Sony

  • 作者: Akio Morita
  • 出版社/メーカー: HarperCollins Publishers Ltd
  • 発売日: 1994/08/08
  • メディア: ペーパーバック

  久しぶりに読み返してみました。今回は、英語版のほうを読みました。英語の本は、日本語より3倍くらい時間がかかりますね。

内容説明

Co-founded 40 years ago, by a young engineer named Akio Morita, Sony is now one of the most powerful and respected multinational corporations in the world, and Morita is its outspoken chairman. This autobiography charts the growth of the company, from the initial attempts to make a tape recorder to the sales of Walkman.
今年3冊目

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

風邪 [A5.健康メンテナンス]

  昨年の8月末以来の風邪です。昨晩のパーティの時に風邪を引いていたやつがいたんですよね。完全に移されました。しかし、東京マラソン前なのに、これじゃあ、いかんです。38度も熱がでてます。買い物予定のカミさんからブーイングです(涙)。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

Dinner & Dance Viva la Masque - what a night [人事1-組織開発・ダイバーシティ・採用]

Super-Heros.JPG

  SingaporeはDinner&Danceという従業員感謝祭のようなYear End Partyをやります。うちも昨年はリーマンショックでダメでしたが、今年は、旧正月前に行いました。題してViva la Masque - what a night ってやつです。仮面舞踏会ですな。 いろいろ皆趣向を凝らしての参加です。ゲームありマジック、Discoありで、大変楽しめました。私も3回も衣装替えです。

164373_1710379871709_1004479088_31950101_4517249_n.jpg

180022_1808069926919_1395075958_1975936_79279_n.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

すべては「前向き質問」でうまくいく [人事2-コンピテンシー・イノベーション]

すべては「前向き質問」でうまくいく

すべては「前向き質問」でうまくいく

  • 作者: マリリーG・アダムス
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2010/01/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

内容紹介

質問を変えれば、人生が変わる!
仕事も人間関係もすべてがうまくいく!

「なぜこんなことになってしまったんだろう?」
→「なにをすればうまくいく?」
「なんでみんな言うことを聞かないんだ?」
→「みんなに協力してもらるベストの方法はなに?」
「なんであの人はいつも怒りっぽいの?」
→「あの人は何を必要としているのかな?」

前向き質問(クエスチョン・シンキング)とは、
「自分自身や他者への質問を変えることで、
前向きな思考や建設的な結果を手に入れる思考法」のこと。
自分に自信がもてるようになり、仕事・人間関係・健康・体重・経済面に
いたるまで、あらゆることが好転します!

批判する人は泥沼にはまり、学ぶ人は未来がひらける!
あなたは、批判する人? 学ぶ人?
*批判する人
・自分自身や他人を批判する
・知ったかぶりする
・頑固・ひとりよがり
・ フィードバックを否定と捉える
・ 人との距離を考える

*学ぶ人
・ 自分自身や他人を受け入れる
・ 知らないことを尊重する
・ 柔軟・適応性がある
・ フィードバックを価値あるものと考える
・ 人とのつながりを感じる
前向き質問を使えば、あなたもすぐに学ぶ人に!

Change Your Questions, Change Your Life: 10 Powerful Tools for Life and Work (Inquiry Institute Library)

Change Your Questions, Change Your Life: 10 Powerful Tools for Life and Work (Inquiry Institute Library)

  • 作者: Marilee G. Adams
  • 出版社/メーカー: Berrett-Koehler Pub
  • 発売日: 2009/06
  • メディア: ペーパーバック
Questions are at the core of how we listen, behave, think, and relate as individuals and organizations. Virtually everything we think and do is generated by questions. Questions push us into new territories. The future begins with our thinking, represented by the questions we ask ourselves. Change Your Questions, Change Your Life shows readers how to consistently choose the questions that can lead them to success, both personally and professionally. This technique, called "QuestionsThinking," stimulates innovation, accelerate productivity, and create more rewarding relationships. Change Your Questions, Change Your Life is a personal growth fable that tells how a seasoned executive, Ben Knight, uses QuestionThinking to move into a higher leadership role and how the same methods of change help him and his wife, Grace, enrich their marriage. Readers follow Ben as he first resists the lessons of the inquiring coach, assigned to him by his boss, Alexa Harte. Then Ben experiences breakthroughs both in his work with colleagues and in his marriage. The story of how Ben meets these challenges and ultimately succeeds is the perfect vehicle for revealing the exciting, practical new system of self-management and inquiry called QuestionThinking. In addition to Ben's experience, readers also learn about the powerful applications of QuestionThinking through the life experiences of secondary characters as they deal with real-life issues--from friendships to financial freedom--to which many of us can relate

 

今年1冊目


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

寄稿~ASIA2.0 [人事3-人材育成・グローバル人材・評価]

シンガポール日本商工会議所(月報2011年1月号)_ページ_1.pngシンガポール日本商工会議所(月報2011年1月号)_ページ_2.png

  シンガポールの日本商工会議所が発行している月報に「新年随想」ということで寄稿を頼まれたので、下記を寄稿しました。

明けましておめでとうございます。 家電業界は、現在、薄型TVを中心に市場が拡大していますが、伸び率からみて圧倒的にBRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)と、アジアの新興国市場が伸びています。競合状況は、以前は、日本メーカーの独断場でしたが、最近は、韓国勢の勢いに目覚ましいものがあります。アジアでのビジネス環境の変化を実感します。そこで、1980-90年代のアジアと2010年以降のアジアという比較で、前者をAsia 1.0、後者をAsia 2.0と捉えてお話したいと思います。 Asia 1.0の時代というと、アジアでは、1980年代中ごろから目覚ましい経済成長を遂げ、日本も企業海外工場進出などでこれに大きく貢献しました。国が発展するとアジアの多くの国は、生産国であると同時に消費国へと変貌し、流通も整備されていきました。小売店からスーパーマーケットやデパートという形態の店舗が増えていき、人々の消費型ライフスタイルをサポートしたのは御存知の通りです。この時代、Asia 1.0の若者は一般的にジェネレーションXと呼ばれ、経済成長の真只中に入社した世代で、多くの日本企業の下で経済発展を体験して育った人たちです。日本企業に働かずとも、街には日本製品があふれ、その品質やデザインの良さはジェネレーションXの若者にも受け入れられ、Cool Japanの価値観の醸成に一役買いました。よって、この時代に青春時代を過ごした人々は、日本製品や日本企業に接したことを通じ、日本に対してある程度高い関心を持っていると思われます。 一方、Asia2.0の主役になる190年代以降生まれの世代はジェネレーションYと呼ばれています。アジアでは、特に生まれた時から、上の世代よりも経済的に豊かであったこと、また他地域と同じように、インターネット環境で育っていることも重なり、日米欧のジェネレーションYよりも特徴のある若者達が多いと言えます。彼らの間では「韓国」がCoolなイメージになっていて、韓流ブームではないですが、韓国のTVドラマや歌手などが浸透してきています。またこの層の価値観も以前の世代とは変化してきていて、ワークライフバランスを重視したり、環境問題やCSR(社会貢献活動)にも敏感です。よって、「品質のよい日本製品」というだけでは、彼らの琴線には触れなくなってきているような気がします。 

Asia 2.0の時代になり、シンガポールを含めたアジアの時代の急速な変化に対応して、さらに我々がビジネスを展開していくには、これらの変化に敏感に対応していくことが急務です。そういう意味で、まさに変化の真ん中にいる現地の人材がビジネスに参画することが重要だと思います。幹部を担う優秀な現地の人材育成が不可欠なのは言うまでもありません。伝統的な日本人駐在員主導時代をAsia 1.0というなら、今後は、現地の優秀な幹部と一緒に考え、やっていくAsia 2.0の時代になると思っています。

 

今年もこういったことを踏まえながら、現場での日々の変化を注視しつつ、更なるビジネス展開に力を入れていきたいと考えています。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Golf Bangkok [A3.ゴルフ]

DSC01391 - コピー.jpg

 今年初Golfは、Bangkokでした。綺麗なコースでしたね。ちょうど気候もよく、楽しめました。タイのキャディさんは、本当に親切ですね。バーディーも久々に出たりして、スタートとしては、まずまずです。

Alpine Golf Club 103 P40(3Putt6) F5(36%,P3) B0 I 46

今年1回目


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

新聞取材 [人事1-組織開発・ダイバーシティ・採用]

BT_From The Desk Of_Uemura-san_small.jpg

  Singaporeの経済新聞のBusiness Timesにうちの広報が「Innovation」というテーマで私の記事を載せてくれました。Full Pageなので、結構Impactあります。

Planting the seed of innovation“Necessity is the mother of invention,” said Plato. But in a fast-changing world, it is no longer enough to simply wait for needs to arise but to be innovative to meet demands and challenges, especially in a knowledge-intensive economy like Singapore. The Republic’s human capital and talent are its key assets with innovation and productivity being the key drivers of success. Thus, companies need to take a closer look at people management and talent issues – how they can work together and motivate their people to have an open mind and remain imaginative. The spark that started itAs a young boy, I was caught up in the national passion for baseball and was frequently on the field, as a pitcher. I was rather good at the sport and eventually became Captain of a private team. What I learnt most from baseball was that both defensive and offensive players had to be strong and work closely together. So at an impressionable age, I learnt the value of teamwork. This became even more apparent when I entered the working world. Mr Katsuya Nomura, a great Japanese baseball player and later, a successful team manager once said: “People who have built successful businesses are average in life. Those who have nurtured another person are at the top of the league.” This struck a chord in me and soon became a philosophy I adopted.

Nurturing a sustainable culture

I embarked on ensuring that my staff understood that they contribute to success and that their contributions were valued. Thus, those in management need to unite employees and motivate them towards better performance by creating a strong, sustainable culture of support. As leaders, we focus on customers’ needs, business objectives and community’s interests. Yet, we must remember to focus on our employees’ needs and what we can do better for our people. Everyone should have the space to voice their ideas and take full responsibility of their work. There should be a sense of fun in the innovation process that encourages initiative to push the organization to stay ahead. In the end, I feel it all boils down to one word, ‘teamwork’. This is the glue that binds the organization together. While we encourage individual creativity, we must all work together collaboratively. I find this especially apparent in Singapore, where we have such a diverse talent pool of different backgrounds and experiences to tap on. This is an advantage that I constantly challenge myself to fully utilise.

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Los Angels [B1.旅行・出張]

2011-01-08 10.38.11.jpg

  Las Vegasの帰りにTransitでLos Angelsに来ました。3カ月まえから長女がここに住んでいます。車で迎えに来てくれました。日本ではペーパードライバーでしたが、ここは車社会なので、どうしても運転しなくてはいけなく、運転を習いなおして、今は、ちゃんとできるようになったようです。英語もそれなりに話していました。結構、たくましいです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Las Vegas [B1.旅行・出張]

2011-01-06 11.13.29.jpg

  WCESに行くために、Las Vegasに来ています、昨年は行きませんでしたので、2年ぶりです。結構寒いですね。WCESは20万人の人が訪れる世界最大のConsumer Electronics Showです。今年は、3DTV,InternetTV,TabletPCが目玉です。特にInternet TVは今年から各社力をいれるようで、様々なサービスをアピールしていました。私も今、TVはYoutubeばかりみています。ハーバードの大学の講義など、今まで見れないものがどんどん見られる世の中になってきました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Resident Evil [B2.映画]

【Amazon限定】バイオハザードIV アフターライフ (スチールブック仕様) ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

【Amazon限定】バイオハザードIV アフターライフ (スチールブック仕様) ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • メディア: Blu-ray

 今日から米国出張です。

ウィルスによって破壊された世界で、ゾンビ達の犠牲者は数を増すばかり。アリスは生存者を捜しながら、安全な場所へと皆を避難させることに奔走していた。アンブレラ社とアリスの戦いは新たなステージを迎えていた。そんな中、アリスの旧友が現れる。ゾンビ達から逃れ、新しい安息の地ロサンジェルスへと向かうが、そこは安息の地ではなくおびただしい数のゾンビ達がはびこる、死の街と化していた。アリス達はこうして罠へと足を踏み入れてしまい・・・。

今年1本目


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

2011年 あけましておめでとうございます [Others]

 あけましておめでとうございます。今年の正月は、タイのサムイ島で迎えました。昨晩よりカミさんは何かにあたったらしく、絶不調でして、私もそれほどではないですが、なんか調子が悪いです。ということで、なんとも冴えない正月の迎え方ですが、今年も頑張っていこうと思います。

a)学習編  昨年読んだ本は80冊でしたので、今年は100冊が目標です。  あと、英語の勉強をちゃんとやるということです。TOEICにも挑戦します。  http://nasser.blog.so-net.ne.jp/2010-12-31  b)運動編  Privateでは、運動ですね。特にランニング。今年のシンガポールマラソンは4時間半を切りたいと思います。また、トライアスロンにも挑戦してみたいですね。http://nasser.blog.so-net.ne.jp/2010-12-31-1あとは、ゴルフですね。今年こそは、ちゃんとレッスンに行って、Singapore Cupで優勝したいもんです。http://nasser.blog.so-net.ne.jp/2010-12-26-8 cArt  私は本当はArtistなんです。油絵や工芸や写真で市美展で入選したりしていますし、ベースも弾きます。しかし、このところ、こういう活動をさっぱりしていないんですね。「ランニング・ゴルフ仕事親父」じゃいかんと思っているんですが、これをBreakthroughするというのが今年のチャレンジです(どうすればいいかわかりませんが)。     皆さんの今年の目標は何でしょうか? 是非、元旦にそういう事を考えられるといいと思います。   今年もよろしくお願いします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感