So-net無料ブログ作成

伝える力 [C3.プレゼンテーション・ボイトレ (話す)]

伝える力 (PHPビジネス新書)

伝える力 (PHPビジネス新書)

  • 作者: 池上 彰
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2007/04/19
  • メディア: 新書

 成田の本屋で山積みになっていたので、買いましたが、半年前に読んだ本でした。

http://nasser.blog.so-net.ne.jp/2010-05-24

今年80冊目


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

2010年度ランニング [A1.ランニング]

  今年は1,500km走るのが目標でしたが、945kmというふがいない結果に終わってしましました。しかも大事な時に肉離れとかして。

 

No年度走行距離レース出場フルマラソン
198年110  
299年484  
300年1,47481
401年1,533101
502年76072
603年240  
704年240  
805年240  
906年89331
1007年1,562101
1108年1,09883
1209年85831
9,4924910

13 10年 945 2  2

     10,437 51 12

これで、ランニング始めて13年たちました。Netで9年です。

結構月100km走るのは大変なんですね。来年こそ1,500kmいきたいもんです。来年は、トライアスロンにチャレンジしようかなと思っているんです。日本では、それこそ石垣島とかでしかレースやってないし、夏しかシーズンではないんですね。コストも結構かかりますが、シンガポールは、手軽にできるベネフィットがあるんです。

 来年の東京マラソンは、自己新を狙うにはちょっと練習不足ですし、脚の肉離れも完治ではないので、来年末のシンガポールマラソンでは、4時間半くらいでこなし、再来年の東京マラソンで自己新といきましょうか。シンガポールでも、いろいろなレースにちょっとでたほうがよさそうです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

英語習得時間 [C4.英語・外国語]

  日本人が生活に不十ないレベルまで英語が話せるようになるには、最低3,000時間かかるそうです。学校の授業では、中学校で習う英語は1クラス50分間で週4クラスです。1年間に35週学校に通い、それが3年。50/60(時間)×4(クラス)×35(週)×3(年)=350(時間) 高校では
50/60(時間)×5(クラス)×35(週)×3(年)=437(時間) 大学では90分授業です。1、2年で2コマずつとします。 90/60(時間)×2(クラス)×30(週)×2(年)=180(時間) これらを合計すると、およそ1000時間になります(TOEIC500、英検2級レベルかな)。もちろん授業以外に予習・復習・受験勉強もしているでしょうから。多い人で後1000時間している人もいるでしょう。それでも2,000時間なので、大学でても日本人は英語ができないのです。TOEIC600レベルでしょうか。

 うちの長女は、今アメリカに住んでいますが、2年目くらいから、話せるようになってきたと言ってました(話せないのによく一人でいくなと思いましたが)。彼女の場合、そんなに家では勉強していなかったようでしたので、1,300時間くらい学校でやった計算でしょうか。さすがにアメリカでは、一日中英語でしょうから一日平均5時間くらい英語をはなしているのでしょうか。そうすると5時間x365日x1年=1,800時間となり、学校時代もいれて3,100時間で計算があいます。これでTOEIC700レベルでしょうか。

 さて、それでは、ビジネスで必要な英語習得時間というのは、もうちょっと必要でしょう。駐在3年やっているとだいたい皆2年くらいでだいたいOKなので、日4時間x200日x2年=1、600時間で、4,500時間くらいでしょうか。700-800くらいですか、800点で準1級。(ちなみに920点で1級)

 さて、駐在員でもNativeのように話す人は帰国子女以外は、やはり欧米に駐在経験がある人です。日4時間x200日x3年=2,500時間くらい、そういう環境にいたことになります。長女は発音がきれいです。

 ということは、Biz英語を話せるようになるには、4,500時間くらいかければ大丈夫だが、発音までうまくなるには、質の高い2,500時間が必要ということですね。欧米環境でなくても英語を話していればそれなりにうまくはなるので、Addtionalに高質の英語環境は、1,500時間くらい必要ではないかと個人的には思います。

 ということは、3年でそういうレベルになりたければ、年500時間、週に10時間そういう質の高い英語環境か勉強が必要ということです。Nativeに英語を習う、英語の映画を観る、英語のTVを観る、洋書を読むなどですか。今年から英語の先生に習い始めました。今年は30時間くらいですか。来年は、50時間はしたいですね。英語は今年24本観ましたが、英語で見たのは5本くらいなので、10時間。これを全部英語でみれば、50時間。洋書は3.5冊しか読みませんでした。これで、15時間。来年は、10冊くらいを目標にして、これで50時間。英語のTVは観ませんね。家で日本のTVがみれるのでついそれを観ますし、だいたいあまりTVはみません。先生から借りたAudio Bookも面白くないので聞いてませんし、、。よって、今年は55時間しか質の高い英語をやっていないので、このままのペースだと30年かかり、死んでしまいます。よって、上記の事をやれば、合計150時間。これでも10年かかり、停年すぎてしまいます。

 やっぱり、「環境に身を任せ」でなく、ちゃんと勉強しないといけないんでしょうね。勉強なーーんてすっかり忘れていますもんね。 上記以外に年間350時間3年間勉強しなさいということです。一日1時間です。偶然にもランニングの目標と似てます(1時間=10kmですから)、関係ないけど。

 中国語は、漢字が似ているので、英語ほどは習得時間はかからないでしょう。仮に2,000時間とします。今年は、中国語を習いました。5回出席しました。しめて10時間です。この調子だと200年かかるということです、、、、(泣)。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

Koh Samui サムイ島 [B1.旅行・出張]

a0bf8211.jpg

Samui.jpg

  今頃、サムイ島のことを調べても意味ないのですが、ウェキペディアで調べると以下の通りです。

 20世紀後半まではタイ本土との交流もほとんどなかったと言われているが、20世紀後半に観光地としての開発も進み、国際空港もあり、タイ内外問わず、人気のある観光地となっている。行政区分としてはスラートターニー県、サムイ島郡であり周辺の諸島を含む。60あまりの島とともに浮かんでいる。15km四方の丸い島。11月から2月までは雨期であるため、夜間は気温が下がるが基本的には暑い。 3月から6月までは年間で一番暑い時期のため、昼は気温が40℃に達し、夜間も28℃を下回ることは無く、雨もほとんど降らない。

 200887152243.jpg

 ホテルは、上記写真とOcean Viewというのに惹かれてBookしました。少々古いのが残念でしたが、大きなホテルでそれなりにFacilityもあり、ホテルの外はすぐ街ですし、部屋から浜辺もみえるのでなかなかです。

Centara Grand BeachResorthttp://www.centarahotelsresorts.com/csbr/csbr_default.asp

 シンガポールから朝食込、Year End Party,Airport Transportation込で、一人S$2,600です。Peak Season価格だそうです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

マネジメント 基本と原則 [D4.経営戦略]

マネジメント - 基本と原則  [エッセンシャル版]

マネジメント - 基本と原則 [エッセンシャル版]

  • 作者: P・F. ドラッカー
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2001/12/14
  • メディア: 単行本
ドラッカーを読みなおしてみました。少々古いのと翻訳のせいでちょっと読みにくかったですが、ドラッカーは、はっきり物を言いますね。マネジメントのおさらいができました。
●マネジメントの役割 ①自らの組織に特有の使命を果たす。②仕事を通じて働く。③自らが社会に与える影響を処理するとともに、社会の問題について貢献する。
●利益とは、原因ではなく結果である。マーケティング、イノベーション、生産性向上の結果手にするものである。したがって、利益は、それ自体致命的に重要な経済的機能を果たす必要不可欠のものである。①利益は成果の判定基準である。②利益は不確実性というリスクにたいする保険である。③利益はよりよい労働環境を生むための原資である。④利益は、医療、国防、教育、オペラなど社会的なサービスと満足をもたらす原資である。
●マネジメントが職場コミュニティに関わる問題について意思決定を行うことは、職場コミュニティにとっては重要であっても、マネジメントにとっては重要でない問題をマネジメントが背負い込むことを意味する。よって、職場コミュニティに実質的な責任を与える必要がある。そのうえこれらの活動は、リーダシップを発揮し、責任を持ち、認められ、学んでいくよい機会である。
●悪い組織の例の一つは、大勢の人間を集める会議を頻繁に開かざるをえなくなることである。理想的な組織とは、会議なしに動く組織である。
●トップマネジメントの役割 ①事業の目的を考える ②基準を設定する役割、すなわち組織全体の規範を定める役割がある。③組織をつくりあげ、それを維持する役割 ④渉外の役割 ⑤行事や夕食会への出席など数限りない儀礼的役割 ⑥重大な危機に際しては、自ら出動するという役割
●長期にわたる高度の成長は不可能であり、不健全である。あまりに急速な成長は組織を虚弱化する。マネジメントを不可能にする。緊張、弱点、欠陥をもたらす。それらの緊張、弱点、欠陥のゆえに、ちょっとしたつまずきが致命傷となる。今日の成長企業が明日の問題児になるという宿命には、ほとんど例外がない。成長そのものを目標にすることはまちがいである。大きくなること自体に価値はない。よい企業になることが正しい目標である。成長そのものは虚栄でしかない。
今年79冊目

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Muay Thai Boxing [A4.少林寺拳法・格闘技観戦]

DSC01473.jpg

  休暇でタイに来ています。タイならムエタイということで、久々の生格闘技の観戦ですね。なんか周りがヨーロッパ人ばかりなので、ローマ帝国のコロッセアムの格闘技観戦のような感じになってしまいましたが。

 家のそばにMuay Thai Gymがあるんですよね。こんな機会めったにないですよね。やりたいんですが、時間もないですし、ちょっとグズグズしているのです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

渋沢栄一の「論語講義」 [D4.経営戦略]

渋沢栄一の「論語講義」 (平凡社新書)

渋沢栄一の「論語講義」 (平凡社新書)

  • 作者: 渋沢 栄一
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2010/09/16
  • メディア: 新書

  この本はまたいいですね。「算盤を手にとって財産を得ようとすることは、決して悪いことではない。しかし、算盤の基礎を社会主義のための道徳の上に置かなければならない。わたしは明治6年に官僚を辞めて、民間に下り、実業に従事してから50年、少しもこの信念から離れなかった。あたかもマフォメットが「片手に剣、片手にコーラン」をかざして世界に臨んだように、「片手に論語、片手に算盤」をかざしながら今日に及んだのである。」という言葉を85歳の時に残したのだそうです。これは凄いことです。人間「徳」ですよ、生きている価値は。

 こういう人と話をしてみたいですよね。

  また、ドラッカーが注目し、経営の本質を学んだのが、渋沢栄一であったそうです。ドラッカーと栄一、そして「論語」の主人公ともいえる孔子、この3人の関係は実にある切り口から一つの線に結ぶことができまう。それは、「社会や組織、そして人の末永い繁栄は、いかに達成されるのか」という課題を、自らの時代状況に照らし合わせつつ考え抜いた点なのだそうです。

 孔子は、2500年前のBC550年ころの人で、魯の役人をしており、68歳から73歳までの5年間で、門人を教育して人の生きる道や理想の政治制度を伝えたそうです。

以下印象に残った話は、

●政治の基本は、徳である。徳とは、たとえて言えば北極星のようなもの、デンと真ん中に座っているだけで、他の星は全てその周りを整然とめぐっている。
●孔子が言った。「読書ばかりに耽って思索を怠ると、せっかくの知識が身に着かない(論語読みの論語知らず)。逆に、思索にばかり耽って読書を怠ると、独善に陥ってしまう(物事の道理の全体像を知らないままになってしまう)。
●孟子いわく「敵国や外部からの脅威がないと、国は必ず滅んでしまう(敵国外患なきものは国恒に亡ぶ)」やたらと人に屈従せず、よく他と争って、正しい勝ちをものにするという精神があってこそ進歩や発達は訪れる。争いを避けない覚悟がなければ、世の中に出て成功するものではない。
●孔子は4つの欠点を免れていた。第一に、主観だけで憶測すること。第二に、自分の考えをしゃにむに押し通すこと。第三に、一つの考えだけに固執すること、第四に、自分の都合しか考えないこと(子、四を絶つ。意なく、必なく、固なく、我なし)
●過ぎ去った時間に後から後悔しても、もう届かない、学問を志すものは、わずかな時間も惜しんで学問に努力せよ(少年老い易く学成り難し、一寸の光陰軽んずべからず)
●孔子が言った。「冬の寒さが厳しくなったときに、はじめて、松や柏がいつまでも凋まないで寒気に耐えていることを確認できるのである。」世の中で何もない平穏な時期には、人々はみな似たり寄ったりに見える。しかし、一旦利害を争ったり、大きな変化に遭遇すると、つまらない人間はみな畏縮して利益の方になびき、自分の身を守ろうとする。ところが人の道を学んだ立派な人間だけは、正しい物事の道筋を守って、生死や禍福のために心を動かさない。その様子が、まるで、寒い時期の松や柏のようだ、とたとえられたものなのだ。
●孔子が言った。「君子は生涯に3つのことを警戒しなければならない。青年時代は血気がまだ定まらないので、色欲を警戒する。壮年期は血気が満ち溢れてくるので、闘争心を警戒する。老年期には血気が衰えてくるので、物欲を警戒する」人にみな共通しているのは「血気」-人のもともと持つエネルギーだ。立派な人間もつまらない人間も、男子も女子もこれはみな持っている。人において違っているのは「志気」-個人の意気込みだ。「血気」は年に従って盛衰するが、志気は時間によって盛衰するものではない。若いうちに安定せず、壮年期は満ち溢れ、老年期に衰えてくるのは「血気」の方だ。一方、色欲を警戒したり、闘争心を警戒したり、物欲を警戒したりといったことの主体になるのは、「志気」の方だ。だから、立派な人間は「志気」を普段から養い続けて。「血気」に左右されないようにする。このためどんなに年をとっても、高い徳を身につけ続けられるのだ。つまらない人間というのは、この逆をやってしまうわけだ。

最後にこうも言ってます。

人は釈迦やキリストになることは難しくても、孔子のようになるのはそう難しくないのだ。なぜなら我々とは次元の違う釈迦やキリストに届くことは無理でも、同じ次元の発達した孔子ならなれるというのが理屈だからだ。ただ厭きずに努力すればよい。

今年78冊目


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Koh Samui Resort [B1.旅行・出張]

2010-12-28 11.20.40.jpg

  年末休暇で今年は、タイのマレーシア側の島のサムイ島に昨晩から5泊6日できています。イヤーいですね。シンガポールほど暑くもなく、ホテルはビーチの横で、リゾート気分満喫です。しかし、周りはヨーロッパ人だらけなんですよね。アジア人は地元のタイ人以外ほとんどいません。ヨーロッパ人の好きな、だらーーとしたリゾートなんですね。私はこれが好きです。ダラーーットできるから。

てなわけで、朝は、6時半におき、ホテルのバルコニーで、本を1時間半くらい読んだ後、この砂浜を裸足、上半身裸で浜辺の端から端まで走りました。ちょうど10kmですか、同じように走っているやつもいてなかなかいい雰囲気です。これは当てたかもしれません。

 朝食はたっぷりとって、その後は、ホテルのカフェでカミさんは、中国語、私は英語の勉強です。こういう環境でないとやんないんですよね。2時間くらいやって、あきたので、それからホテルの前ノマッサージ屋さんでフットマッサージです、1時間250バーツ(600円)/時間です。ヤスイ。

 今からムエタイボクシングを観にいってきまーす。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

コトラーのマーケティング3.0 [人事5-CSR・健康経営・人事部・労務]

コトラーのマーケティング3.0 ソーシャル・メディア時代の新法則

コトラーのマーケティング3.0 ソーシャル・メディア時代の新法則

  • 作者: フィリップ・コトラー
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2010/09/07
  • メディア: 単行本

なかなか読みごたえのある本でした。従来の教科書的な論理とはちょっと違った倫理的というか現代の我々が見失いがちな古来から伝わる基本的な事の再確認というような内容でした。製品中心的な考え方がMarketing1.0,消費者中心的な考え方が2.0。そて消費者中心から人間中心の考え方に移行し、収益性と企業の社会的責任がうまく両立する段階をMarketing3.0と定義しました。そして、企業を、競争の激しい世界で単独で全てをまかなっているいる存在としてではなく、誠実なパートナーのネットワークの中で活動している存在ととらえ、そのステークホルダーにどうマーケティングをすればよいかを説明しています。これは、私も実感として感じているのだけど、うまく論理的に説明できないものをコトラーがうまく論理立てて説明しています。

 これは、皆読んだほうがいいと思いますよ。

●創造的社会の時代 マズローの安全と安心、社会への帰属、承認、自己実現という5段階の欲求は、低位の欲求が満たされてから高位の欲求が満たされると説いたが、マズローは晩年、このピラミッドは逆さまにするべきだと思っていたという。逆さまにすると自己実現が最底辺に置かれ、全ての人間の最も重要な欲求ということになる。これは、テクノロジーの進化(協働行動)やグローバル化などにより、より実現可能になってきた。よって、MK3.0時代は、企業のMissionやVisionなどの価値が非常に重要になってくる。

1)Marketing the Mission to the Consumers
 人々を感動させるMission Storyが大事。ザルトマン・メタファー表出法(ZMET)を使いメタファー(比喩)を引き出し、ストーリーを組み立てる。そして消費者のエンパワーメント(関与)が必要。
 なぜなら、ネットワーク時代ではそのストリーはn人のネットワークでは2のn乗で伝わる。

2)Marketing the Values to the Employees
  優れた価値とは、社員の協働的・文化的・創造的側面を活性化させ、育成するものを言うのである。

3)Marketing the Values to the Channel Partners
 適切なパートナーを見つける

4)Marketing テェVision to the Shareholders
 長期的な株主価値を最大化することが重要。ゴールドマンサックスは、持続可能な活動を実践している企業リストを含む「GS サステイン・フォーカスリスト」を打ち出している。調査によれば、消費者の44%がグリーン商品を購入して、消費者の80%がCSRを果たすBrandに心惹かれている。環境的責任を果たすBrandは消費者の73%を引きつけ、そのうち15%は割増価格を払ってもよいと思っている。

●イーデマンの調査によると、消費者の85%がCSRを果たすBrandを好んでおり、70%がそれに割増価格を払う用意があり、55%が それを友人に勧めたいと思っている。しかも若年層に多い。

●ウオールマートは、かつて賃金水準が低いことや環境的課題をないがしろにしているということで、消費者の8%がウオールマートに日常的に買い物にいくのをやめていた。

●ビジネスにおいて、顧客を愛するとは顧客に大きな価値を与え、彼らの感情や精神を感動させることによって、顧客のロイヤルティーを勝ち取ることだ。ドナルド・カルネは「感情と理性の本質的な違いは、感情は行動を導き、理性は結論を導くことだ」と述べている。あるブランドを購入し、ロイヤルティーを持ち続けるという決定は、感情に大きく左右されるのである。

 今年77冊目


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

2010年度ゴルフ [A3.ゴルフ]

  今年のゴルフは、年初に一度だけレッソンに行ったのと、クラブを全部新調した。後は、年間31回と過去最多という事が特筆すべきですかね。

  スコアは、大した進歩はありませんでしたが、後半、ドライバーを変えてから、真直ぐいくようになりました。課題はアプローチとパターです。

  過去からの記録は、

1991年 10月 Start
1992年
1993年  7回 125(平均) 114(最高) シンガポール時代
1994年  4回 125
1995年  16回 122  111

1999年  3回 127 福岡時代
2000年  5回 122
2001年  3回 117

2003年  6回 114 105 千葉時代
2004年 11回 117 101                               

2005年 19回 111  99 35(パット)53%(FWキープ)

2006年 19回 106  96 35 42% 東京時代                                2007年 12回 106  98 36 42%                                    2008年 19回 108  98 36 50%

2009年 13回 118  106 41 48% シンガポール時代

2010年 31回 115 103 41 44%                               

通算176回 20年間(Net16年)

  来年は「絶対に」レッソンに行かなくてはいけません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

社内コンペ [A3.ゴルフ]

DSC01451.jpg

 さあ、冬休みゴルフ3連チャンの最終日は、社内コンペでジョホバルまでいきました。ハンディが34もあるので、自信満々でのプレイです。

 一番7打、2番10打と叩き、後もダボペースで、ハーフ58と最初から撃沈です。後半は、バディー発進と急に調子が出だして、ひょっとしたら優勝かもなんて思いだしました。

 結果は、準優勝ということで、まあ、それなりに満足でした。今年最後のゴルフとなりました。今年31回目で、年間最多プレーとなりました。

 StarHill 107 P43 F36%

来年の課題はアプローチとパットですね。

今年31回目

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

Golf [A3.ゴルフ]

Sentosa Tanjong 116 P39 F3(21% P0) B5(5) I 58(P5)

今年30回目


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

Golf [A3.ゴルフ]

 ティーショットの精度が大分あがってきたので、明後日の社内コンペは優勝するかもしれません。

Sentosa Serapong 107 P41 F50%

 

今年29回目


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

Xmas Dinner [D1.シンガポール]

  今日は、年末の「Secretary Night Dinner」ということで、日本でもやっていたのですが、もう1組と一緒にXmas Dinnerをとりました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Golf [A3.ゴルフ]

Sentosa Serapong 115 P37 F 57%

今年28回目


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた [D4.経営戦略]

グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた

グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた

  • 作者: 辻野晃一郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/11/22
  • メディア: 単行本

内容紹介

ウォークマンは、負けるべくしてiPodに負けたのだ。VAIO、スゴ録。ソニーが誇る大ヒット商品を次々生み出し、途方もない赤字部署をあっという間に立て直した天才は、何故、愛してやまないソニーを去る決心をしたのか。その後、世界を席巻するグーグルの日本法人社長を務めた著者が振り返る、ソニーでの二二年間とグーグルでの三年間。興奮と共感のビジネス戦記。

[本文より]

「なぜソニーはアップルを超えられないのか?」「どうして日本からグーグルのような会社が生まれないのか?」といった類の質問を私自身も幾度となく受けて来た。「冗談じゃない、日本が生んだソニーはアップルやグーグルの手本となる企業でさえあったんだ」というのが私の本音である。(中略)本書のタイトル「グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた」は、グーグル全盛の今日にはまさに逆説的だ。しかし日本人が創業した世界企業であるソニーは、本当はそのくらい凄かった。そして私は、そのソニーで、反面教師的なことも含めて実に多くのことを学んだ。それらの学びがあったからこそ、グーグルの急成長の理由を理解し、そこで密度の濃い時を過ごすことができたと思う。(「プロローグ」より)
今年76冊目

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

大奥 [B2.映画]

大奥 <男女逆転>通常版DVD

大奥 <男女逆転>通常版DVD

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • メディア: DVD

 日本に一泊三日の出張です。

 男女逆転の話です。

内容紹介

男女逆転!将軍は女、仕えるは美しき男たち三千人
二宮和也主演 豪華キャストで贈る、大ヒット・エンターテインメント!
■男女逆転の大奥に熱狂! 興収25億円大ヒット!小学生から、さらには60代以上の時代劇ファンである中高年夫婦まで、幅広い客層が劇場殺到!ぴあ初日満足度ランキング堂々1位!
■<将軍は女、仕えるは美しき男たち三千人>誰もみたことのない男女逆転大奥 -謎の疫病により男の人口が1/4に激減。男女の役割が逆転した江戸時代-という男女逆転の設定で描かれる大奥。斬新な設定の中に、渦巻く野望、悲哀、嫉妬、策略、そして愛。現代の縮図ともいえる説得力のあるドラマに江戸時代のリアルを追求した新しいエンターテインメント時代劇。
★★★
今年24本目

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

生涯発達心理学 Life-span development psychology [D3.心理学・哲学]

  次女が大学で心理学習っているので、私も同じ教科書を読んでいます。マネジメントに役にたちます。そこで、「Psychology」というカテゴリーをBlogにも設けました。
 さて、今日読んだところは、生涯発達心理学といって、ちょうど「中年期」のことが書いてあり、非常に興味深いものでした。

 まず、青年期の最も重要な発達が、自我同一性(ego-identity)の獲得だそうです。その発達順序は、同一性拡散 identity diffusion (どう生きるか探索)→早期完了 foreclosure(どう生きるか探索せず、傾倒)→モラトリアム moratorium(積極的に探索し、まだ傾倒をしていない)→同一性達成 identity achievement (積極的な探索と傾倒の双方をおこなっているもの)。そして当然ながら、自我同一性を獲得すると心理的幸福感も高くなる。

 成人期(20-65歳)の発達の特徴 ①生涯発達を考える (発達は生物学的働きと文化的働きに影響される) ②発達は獲得と喪失のダイナミックな過程である(年齢が上がると喪失が獲得を上回る、中年期はそれが同じくらい) ③生涯発達の変化は生物学と文化のダイナミックな関係の中で生じる (生物学的な影響は年齢が高くなるとマイナスに働く) ④生涯発達において資源の配分に変化が起こる (個人のもつ全体資源が減少していくので、維持と回復、調整が重要になる ⑤生涯発達は修正可能である ⑥個体発生的文脈主義と歴史的文脈主義をとる (生物学と文化の影響) よって、成人期の発達は、喪失があったときに他の手立てで補い(compensation),可能な範囲からある少数を選び、そこに集中し(selection)、もっている資源を目指すところに向けて最大限に利用すること(optimization)。また、成人期の一つの特徴は、親としての新たな経験とそれによる成長である。母親のほうが自分の発達を強く意識する。また、職場での次世代の育成も、それを通して成長する可能性がある。

 中年期(40-50歳代) 獲得、成長、加算、完成の時期と、衰退、制限、喪失の時期の間が中年期であり、知識志向(新しい人と出会うことに関心がある)から情動志向(長い間知っている人との接触を好む)へ移行する、子育てとともに親の介護にも携わるなどや発達的締め切りを意識する時期でもある(中年期の危機)。 よって、個人が自らの発達をどう制御していくかの発達的制御 development regulationが重要になる。そのために、一次的コントロール primary control (周りを変えていく)と 二次的 secondary control (自分を変えていく)を必要で、その弾力性(レジリエンス)が重要となる。たとえば、情動的安定を求めるために、少数との付き合いだけやるより、同時にSocial Networkを広げる努力もするということである。

 老年期(65歳ー) 流動性知能 fluid intelligence (作動記憶の素早さに依存した知能は落ちるが、結晶性知能 crystallized intelligence (今までの経験的長期記憶)は落ちない。Social Convoyとは、個人が経験する支援的関係に影響する個人的・状況的要因によって形作られる一種の構造である。人々がコンボイを形成し、コンボイは個人が生活し経験することを支える防御の安全基地として働く。そういった要因と社会関係が個人の健康や安寧に同時的にまた長期的に影響する。このコンボイは、個人の生涯発達においてダイナミックな働きをする。個人も状況も変化し、コンボイからある人が抜け落ち、また別な人が加わる。近い・強い関係があり、遠い・弱い関係があり、各々に独自の働きがある。絶えず変容しつつ、コンボイとして成り立ち、個人を支えていく。まあ、親戚付き合いみたいなものでしょうか。
 支援を受けること、特に情緒的な支援を受けるのは、自分が価値がある、有能である、愛されるに値するといった感覚を引き起こし、それが自分の生活に対する実際の効力感を高めるようである。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

未来の売れ筋発掘学 [D5.マーケティング]

未来の売れ筋発掘学

未来の売れ筋発掘学

  • 作者: 大澤・西原研究室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2010/08/06
  • メディア: 単行本

  世の中には、頭のいい人がいるんですね。このチャンスを発見するために、いろんな手法をもちいて紐とこうと研究されています。ちょっとKey Graph使って、try してみようと思います。これ皆さん、チャレンジする価値大いにありですね。

http://www.panda.sys.t.u-tokyo.ac.jp/

http://www.chokkan.org/software/polaris/

内容紹介

内容紹介: 本書が紹介するのは、人が毎日の生活の中から身の回りの価値を感じ、それを思い出すことによって未来のシナリオについて「こと語り」をし、その内容を仲間と交換し合う会話によって、価値を持ちながら眠っているアイデアや商品を掘り起こす方法です。 東京大学工学系研究科で発展した最近5年間の研究内容を中心に、これに先立つ筑波大学ビジネス科学研究科におけるエピソードについても触れながら、「チャンス発見」から「価値センシング」へと進化するために必要となった考え方と技術の全体像を描きます。 2000年から2005年ごろまで大澤研究室が拠点なって開拓した「チャンス発見」は、意思決定にとって重要となる出来事を見出し活用する手法でした。特に、一過性の出来事の重要さを理解することにその狙いがありました。残念ながら、そこで様々なデータ分析技術と思考プロセス技法が生み出されたにもかかわらず、全体を見渡す余裕のない日本のビジネスマンの中にはKeyGraphなどツールだけをダウンロードして「使い方がわからない」などと私に連絡されることが多かったのです。使い方が分からなくて当たり前です。なぜなら、その使い方こそがチャンス発見のプロセス全体であり、そこが技法の本質であるのに、ツールだけに注目されていて活用などできる訳がありません。一方、ビジネス科学系から工学系にうつった2005年ごろから大澤研究室(2008年から大澤・西原研究室)は、一過性の出来事の重要さを捉えることと、長い間身近におかれながら真価を発揮できなかった物や概念・考え(コト)の価値を捉えることを、まとめて実現するようなプロセスを開発し始めました。これが、価値センシングのプロセスです。例えば、「じゃがいも」が冬の忙しい日に商品価値を高めるコトや、医師と話す患者のつぶやきに悩みの本質をこもっていたコトや、「視線計測装置」は「データ可視化技術」と結び付いて隠れた意図の発見器になるコトなど、眠れるドラゴンのように価値のあるコトを起こす方法です。技術の背景にある理論だけではなく、技術の使い方そのものを極めてゆくことが現代の工学研究の先端であることを、本書では静か主張しました。この本をめくってゆくだけで、人間臭さを感じ、その臭さを扱うことこそが新しい科学のひとつの在り方であることに気づいて頂けるでしょう。背景で用いた数式など伝統的な科学書の匂いは思い切り洗い落とし、21世紀の科学の本質である主観と人間臭さ、そして実用性を求める読者への近さをアピールした一冊です。
kanda.jpg
今年75冊

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Marina Bay Sands Hotel [D1.シンガポール]

150874_176421152375714_100000234916105_529154_3111354_n.jpg

  最近できたMarina Bay Sands Hotelの57階の屋上で、イベントに招待されたので行ってきました。カジノもある超バブリーなホテルです(一泊最低5万円)。Singaporeは景気いいですね。こういうバブリーなイベントを見ると、日本の沈滞ムードとアジアの活力に差を感じます。

65396_176419622375867_100000234916105_529122_4167605_n.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

さあ、東京マラソンだ! [A1.ランニング]

  さて、肉離れして、練習しなくてもフルマラソンは、走れることはわかりましたが、来る東京マラソンでそんな眠たいことを言ってはいられません。12,1,2月と、毎月200km、通算600km走りたいですね。そうすれば、楽しい東京マラソンになるでしょう。

 今回は流石に筋肉痛がおこり、日曜、月曜とマッサージにいきました。ということで、今日から走り始めます。朝、軽く5km Jogしました。

untitled.jpg

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

Singapore Marathon 2010 当日 [A1.ランニング]

 2010-12-05 05.06.55.jpg

 さあ、本番です。5時スタートなので、3時起きです。去年もそうでしたが、急に早く寝て、熟睡するのは、難しいですね。一応22時にはBedにはいりましたが。とにかく3時に起きて、朝食をとり、ふくらはぎにサポートテープをつけて、湿布をつけて、その上からサポーターをはきました。これで、脚を固定する作戦です。脚が痛みだしたらすぐやめて帰るため、お金と携帯も持っていきます。

 今年から、フルは、オーチャード通りの出発となりましたので、Warm Upを兼ねて歩いて会場までいきます。4時20分ころにつきましたが、荷物を預けるところがメチャ混みなんですね。係の人の要領も悪く、預け終わったのが5時5分前です。来年はもっと余裕をもたないといけません。

 出発の整列順は、申告タイムで、4時間以内、5時間以内、その他のようにゼッケンが色分けされており、そのゾーンにそれぞれ並ぶ仕組みです。私は5時間以内のグリーンのゼッケンでしたが、要領がわからず、その他の最後の方の列に並びました。シンガポールタイムというのがあり、イベントに人は結構遅れてくるのですが、今日も結構遅れてきてて、「大丈夫なのかな?」と思っていたら、案の定Startも15分遅れです。まあ、おおらかというか、日本はこういうことはないですね。

 まあ、そういうことで、今日は、ゆっくり走るので、後ろの方が好都合かなと思いながら、スタートしました。7分ちょっと/kmで走ります。とにかく脚の調子を確認しながら走りました。ちょっとでも違和感あるとやめなければならないですからね。

 まあ、後ろの組からだったので、結構どんどん皆を抜いていけるのは気持ちよかったですね。今回の勝算は、テーピングでした。これが結構きいたと思います。が、やはり、ハーフくらいからは脚にきだします。もうこの距離ですと周りはほとんど歩いており、走っている人が少ない位です。道の真ん中を皆歩いているので、走りにくいと言ったらありません。でも携帯で写真を撮ってFace BookにUpしながら走りました。よく写真を撮りながら走っている人を以前見て、真剣さに欠けるなと思っていたものですが、今日は、それを私がやっています。

 そうこうしているうちに結構脚も持っていたのですが、31km地点であと10kmちょっとだし、と思い、歩いていくことにしました。最後に脚が痛み出したら、東京マラソンに影響するので。てなわけで、周りを見渡すと同じ会社のユニフォームをきた同僚がいます。結構脚に来ている様子です。初マラソンなので、無理もありません。それではということで、昨年同様、彼につきあう事にしました。最後だけ走ればそれなりに達成感があるので、とにかく完走を目指そうと。

 マラソンの最後って、皆、疲れ果て無口になり、それはもうお通夜状態になるんですよね。それで、ぺちゃくちゃ話しながら、ゴールへと歩きます。歩きって12,3分/kmなんですよね。ということは、全部歩いても制限時間の8時間で完歩できる計算にはなります。そこからおおよそ2時間分くらい歩いて、いよいよゴールです。同僚は歩いていても結構しんどいようで、もう限界に来ています。最後の力ふりしぼり、走りながらゴーーールイン。

 長ーーい、6時間20分のフルマラソンとなりました。まあ、同僚は初マラソン完走で感激していましたし、私の脚も大事にはいたらなかったので、めでたし、めでたし、というところです。

2010-12-05 10.11.14.jpg

ゼッケン54128

 SCCQ0263.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

Singapore Marathon 2010 前日 [A1.ランニング]

SSCM-Logo-4C-Vert.jpg

  さあ、明日はSingapore Marathonです。12回目のフルマラソンですが、最悪のコンディションです。10月16日の社内バトミントン大会で右ふくらはぎを肉離れして、もう1ヶ月半も経つのに完治していないんですよね。今日、マッサージに行ったら、「右ふくらはぎがボールのように固くなってるよ」と言われてしまいました。そうなんです、左ふくらはぎと全然違うんですよね。明日は大丈夫でしょうか。

 とにかく、一応、10kmは先日走れたので、15kmくらいはなんとかなるでしょう。直近3カ月の走行距離も204kmと過去最低です。完走というより完歩でもいいのでゴールしたいですね。7時間くらいでいけないものでしょうか?行けたとしても朝5時から12時までか 長いな、、(涙)。

standard chartered marathon singapore 2010 scms 42km race route map.PNG


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ネットテレビの衝撃 [D5.マーケティング]

ネットテレビの衝撃 ―20XX年のコンテンツビジネス

ネットテレビの衝撃 ―20XX年のコンテンツビジネス

  • 作者: 志村一隆
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2010/10/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 しかし、次から次へと新しい技術やサービスが出てくるんですね。ついて行くのが大変です。

内容紹介

「地デジははじめの一歩」にすぎない。地上波デジタル放送(以下、地デジ)が2011年7月24日に移行する。この日を境にいままでのテレビでは番組が見られなくなる。この事実ばかりが、日本では注目されているが、本当に衝撃的なのは、テレビがネットにつながったインターネット対応テレビ、通称ネットテレビが登場することだ。実際、2009年6月に地デジ移行した、アメリカでは大きな変化が起きている。本書は、アメリカのテレビ事情をみながら、日本のテレビの将来を見通す。アメリカでは、地デジを契機に多くのテレビがネットにつながった。2010年10月にはソニーがグルーグルのOS、アンドロイドを搭載した「ソニー・インターネットTV」を発売し、この流れは一気に加速しそうだ。ネットテレビが普及した結果、起こったことはテレビ局によるネット経由の無料番組配信を利用し、視聴者は「見たいとき」「見たい番組」を「検索して」見る(オンデマンド視聴)ようになった。つまり、通信の映像を見るようになり、放送の映像を見なくなってしまった。放送を見るのはせいぜいスポーツの生中継という状況になってしまったのだ。こうなると、視聴率の意味が薄れてしまう。
視聴率、そして「いつ放送するか」「どんな人たちがその番組を好んでいるか」をもとに広告を出していた企業たちはテレビCMをださなくなってしまった。広告収入の減少により、大手テレビ局は大きな打撃をこうむっている。さらに、ネット検索機能がついたため、YouTube(一般人による映像投稿サイト)、ユーストリーム(一般人がライブ中継を行なうサイト)などもテレビで見るようになった。テレビ局のつくった映像は、一般人のつくった映像(CGM、Consumer Generated Mediaの略)と競争する状況ができあがってしまったというわけだ。選択肢が増えたため、ケーブルテレビの解約が相次いでいる。さらに、テレビ広告市場はもう以前の規模に戻ることはない。オンデマンド放送、リアルタイムメディア(ツイッターなど)に対応した安価なネット広告配信技術に取って代わられつつある。本書は、アメリカで起こっている出来事をもとに、テレビの将来をハードとソフトのどちらか一方に片寄らず解説していく。さらにはテレビにまつわるビジネスに新規参入してくる勢力(グーグル、ヤフー、新興テレビメーカー)についても最新の情報を提供する。
今年74冊目

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ビジネスで一番大切なこと [D5.マーケティング]

ビジネスで一番、大切なこと 消費者のこころを学ぶ授業

ビジネスで一番、大切なこと 消費者のこころを学ぶ授業

  • 作者: ヤンミ・ムン
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2010/08/27
  • メディア: 単行本
  •   
  •   なかなか面白い本でした。
  •  ●カテゴリーが成熟するにつれ、中にいる企業は一群となって競い合い、予測可能な一定の方向へと向かい、異質的同質性を帯びるようになる。消費者の選択肢は急増するが、それぞれの違いはほとんどの消費者にとって無意味なものだ。
  •  ●リーバス・ブランドは現代文化を映す鏡だ。過剰に満ちた世界では、そっけなさがある種の魅力を持つことを彼らは知っている。そして、そぎ落としたものに思わぬ恩恵を加え、私たちのツボを刺激するものだけを提供している。ex, IKEA=リテールテイメント
  •  ●ブレークアウェイ・ブランドは、歩幅をぎりぎりまで広げようとする。差別化のプロセスを連続体の極限で解釈し、カテゴリーから外れない範囲で原型を保とうとする。彼らは、カテゴリーにおける造反派であり、境界線の破壊者である。カテゴリー内にいながら、なおかつ、そこにとどまっていない。ex.SWATCH
  •  ●秀逸な「違い」のブランド。 ex.ハーレー、Doveのreal beauty campaign

 

 

  ●魅力的なロイヤルティプログラムとは、1)ポイントの取得や維持ではなく、もてなしによって顧客を驚かせる。2)顧客に賞品を渡すのではなく、顧客が自分を丁重に扱ってくれた社員に賞を与える、3)グループでポイントを貯められる、4)ペナルティなしでいつでもプログラムから抜けられる、5)希望するチャリティを選べる

 内容紹介

彼女の授業は なぜ、それほど熱く支持されるのか? 「競争戦略論」マイケル・ポーター、「イノベーションのジレンマ」クリステンセンと並び、ハーバード・ビジネススクールで絶大な人気を誇る、いま、最も注目される女性経営学者、初の著書!
Different: Escaping the Competitive Herd

Different: Escaping the Competitive Herd

  • 作者: Youngme Moon
  • 出版社/メーカー: Crown Business
  • 発売日: 2010/04/06
  • メディア: ハードカバー

Product Description

Why trying to be the best … competing like crazy … makes you mediocre

Every few years a book—through a combination of the author’s unique voice, storytelling ability, wit, and insight—simply breaks the mold. Bill Bryson’s A Walk in the Woods is one example. Richard Feynman’s “Surely You’re Joking, Mr. Feynman!” is another.   Now comes Youngme Moon’s Different, a book for “people who don’t read business books.” Actually, it’s more like a personal conversation with a friend who has thought deeply about how the world works … and who gets you to see that world in a completely new light.   If there is one strain of conventional wisdom pervading every company in every industry, it’s the absolute importance of “competing like crazy.” Youngme Moon’s message is simply “Get off this treadmill that’s taking you nowhere. Going tit for tat and adding features, augmentations, and gimmicks to beat the competition has the perverse result of making you like everyone else.” Different provides a highly original perspective on what it means to offer something that is meaningfully different—different in a manner that is both fundamental and comprehensive.   Youngme Moon identifies the outliers, the mavericks, the iconoclasts—the players who have thoughtfully rejected orthodoxy in favor of an approach that is more adventurous. Some are even “hostile,” almost daring you to buy what they are selling. The MINI Cooper was launched with fearless abandon: “Worried that this car is too small? Look here. It’s even smaller than you think.”    These are players that strike a genuine chord with even the most jaded consumers. In fact, almost every success story of the past two decades has been an exception to the rule. Simply go to your computer and compare AOL and Yahoo! with Google. The former pile on feature upon feature to their home pages, while Google is like an austere boutique, dominating a category filled with “extras.”   Different shows how to succeed in a world where conformity reigns…but exceptions rule.
今年73冊目

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Wikileaks [D1.政治・経済・社会]

100px-Wikileaks_logo.svg.png

  WikiLeaksって知ってますか?Wikileaksは、匿名での機密情報の投稿を受け、内部でその情報を精査し、インターネットを通じて機密情報を公にしている。Wikileaksのウェブサイトでの説明によると「非営利のメディア団体で、ゴールは重要なニュースを流すこと。だそうです。

 たとえば、

 【上海支局】北朝鮮が沿岸に海中核施設を極秘開発したとの情報を、中国の専門家が一昨年9月、米政府に伝えていたことが、内部告発サイト「ウィキリークス」が暴露した米外交公電で明らかになった。
 【ワシントン=小川聡】米政府が昨年12月のロシアとのミサイル協議で、北朝鮮が長距離弾道ミサイル「テポドン2」よりも大型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)を開発中とする分析を示していたことが、1日、ウィキリークスが公開した米政府の外交公電で明らかになった。
 【カイロ支局】内部告発ウェブサイト「ウィキリークス」が暴露した米外交公電で、イランが核兵器開発に成功した場合について、サウジアラビアとエジプトの両国首脳が自国も核開発に着手する可能性があることを米国に警告していたことが分かった。

 【テヘラン鵜塚健】アフガニスタンの政治家や宗教指導者に対し、隣国イランが幅広く資金支援し、敵視してきたタリバンの一部にも兵士への訓練支援をしていると、アフガンのカルザイ大統領の側近が米外交官に証言していたことが分かった。

 ガーディアン紙の最新ブログ(米東部時間12月2日付)によると、米外交官たちは、ロシアを「プーチン首相の下で(権力者が国庫などを私物化す る)泥棒政治を繰り広げる、腐敗した独裁国家」と分析。独裁者たちによる寡頭政治と組織犯罪が結びついた「事実上のマフィア国家」とみなしていることが分 かった。

 しかし、すごい世の中になってきましたね。このサイトには、賛否両論あるようです。本人側の主張はこうです。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感