So-net無料ブログ作成

6月度トレーニング実績 [A1.ランニング]

 6月も全然やりませんでしたね。出張ばっかだったし、、。体重が59.5kgになってしまった。4月から1kgも太ったことになります、、。

時間;3時間(5月4)(4月7)(3月2)(2月6)(1月9)(12月9)(11月17)(10月25)(9月20)(8月6)(7月3)(6月7)(5月8)(4月7)(3月15)2月11)(1月11)(12月13)(11月12)(10月12.5)(9月11)(8月9)(7月7)(6月6)(5月25)(4月10)(3月31)(2月26)(1月20)(12月24)

走行日数;4/30(4/31)(9/30)(2/31)(4/28)(5/31)(12/30)(15/31)(14/30)(4/31)(3/31)(6/30)(6/31)(3/30)(9/31)(7/29)(7/30)(9/31)(9/30)(8/31)(10/30)(14/31)(7/31)(6/30)(23/31)(11/31)(19/31)(21/28)(17/31)(9/31)

総合走行距離;23km(32)(55)(12)(48)(82)(78)(144)(201)(136)(34)(22)(54)(66)(61)(129)(80)(93)(101)(98)(98)(95)(83)(56)(51)(223)(89)(260)(208)(200)(192)  (Run23km、Bike0km Swim 0km Walk 0km)

  GYM;0(0)(0)(0)(1)(1)(1)(0)(0)(0)(0)(0)(0)(0)(0)(0)(1)(1)(0)(0)(0)(0)(0)(0)(1)(1)(0)(3)(0)(3)(0) 

 筋トレ;0日)0)(0)(0)(0)(1)(1)(0)(0)(0)(0)(0)(0)(0)(0)(0)(1)(1)(0)(0)(0)(0)(0)(0)(0)(2)(0)(3)(10)

 Golf;0回(1)(1)(1)(0)(2)(2)(0)(1)(1)(4)(1)(2)(3)(1)(0)(2)(0)(0)(0)(1)(2)(0)(1)(0)(3)(1)(1)(3)

7月は、第一週がフィリッピ出張、第二週は、Regional会議で週末が、同じコンドの夕食会、第三週も別のReginal会議で週末ゴルフコンペ、第四週は、休みととろうかなと思っていて、週末はゴルフでもと思っています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

リオ [Others]

 リオが一か月の検疫所生活から解放され、今日、家にやってきました。また、家が賑やかになります。シンガポールでは、Agri-Food & Veterinary Authority of Singapore = AVAというところに1カ月いなくてはいけません。面会は、16:00-18:00までで、日曜以外は、毎日会えます。そこの庭のようなところで、15分間の散歩もできます。最初は、ストレスが相当なものではないかなと思っていましたが、結構、面倒も見てくれて、意外に大丈夫でした。ただ、AirCon付きの部屋は、予約が一杯で、早めに申し込まないといけません。http://www.ava.gov.sg/これで、犬のライセンスをもらい、毎年S$70払えば、更新できます。私は、業者に30万円はらって、日本から、すべての手続きをしてもらいましたが、個人でやってもできるそうで、そんなに複雑でもないようです。

 マレーシアとかにリオを連れて車で遊びに行ったらどうなるか聞いたところ、マーレシアには、簡単にはいれるけど、シンガポールに戻ると、また、一か月AVAに入らないといけないそうです、、、。旅行は簡単にはできませんね、、、。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マイケル・ジャクソン死去 [D1.政治・経済・社会]

20090628104316-1.jpg

  マイケル・ジャクソンが突然、心臓マヒで死んだそうです。いろんな薬物を多量にとっていたからとも言われています。しかし、、、。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

 [Others]

  月曜から、家内の妹が遊びにきています。妹といっても私と21歳も離れていますが。これで、家内も私が出張ばかり行っていても大丈夫です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

40歳からの肉体改造 [A5.健康メンテナンス]

40歳からの肉体改造―頑張らないトレーニング (ちくま新書)

40歳からの肉体改造―頑張らないトレーニング (ちくま新書)

  • 作者: 有吉 与志恵
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2008/06
  • メディア: 新書

  帰りの飛行機で、読む本がなくなったので、成田で、買いました。すでに50歳になっている私ですが、まあいいかという感じで。最近、忙しすぎて、マッサージにいってないので、ちょっといこうと思っています。

内容(「BOOK」データベースより)
肥満、腰痛、肩こり、関節痛。ストレスで胃が痛む。生活習慣病も心配。でも、忙しくて運動なんてする暇はない…と、身体の不調から目をそらしていませんか?ハードな運動は必要ありません。頑張りすぎは、むしろ身体を壊してしまいます。では、どうするか。骨格・筋肉・リンパを正しく働かせること。身体の軸(コア)を安定させることです。「コンディショニング(改善系トレーニング)」なら、無理なく短時間で効果テキメン。日常生活や仕事のパフォーマンスがグングンとアップするのを実感してください。

今年56冊目


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

美帆 [Others]

  今日は、日本で一人暮らしをしている次女と食事をしました。もうすぐ、21歳の誕生日になるので、プレゼントを渡し、シャンパンでお祝いしました。

  もう、大人です、、。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マーケティングROI [D5.マーケティング]

マーケティングROI

マーケティングROI

  • 作者: ジェームズ・レンスコルド
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2004/06/18
  • メディア: 単行本

 マーケティングの投資効果ってなかなかはかれないものです。ってなわけで、読んでみましたが、いまいち、ピンときません。もうちょと突っ込まないといけません。コンサル会社にいろんなデータを駆使して、それをはかってくれる会社があるそうです。ちょっとそこに相談してみようかなと思ったりしています。

出版社/著者からの内容紹介
マーケティングには多くの有益な指標がある。しかし、そこにROI指標を取り入れなければ、投資に対する有益な指標とはなりえないし、利益を最大化することも不可能である。より正確にマーケティングの実際の効果を測定する「マーケティングROI」の考え方を豊富な事例を織り込みながら説明する
今年55冊目


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

アジア・マーケティングをここからはじめる [D5.マーケティング]

アジア・マーケティングをここからはじめよう。―アジア9都市SEI‐KATSU‐SHA白書〈2002〉

アジア・マーケティングをここからはじめよう。―アジア9都市SEI‐KATSU‐SHA白書〈2002〉

  • 作者: 博報堂アジア生活者研究プロジェクト
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2002/03
  • メディア: 単行本

 今日からまた、日本出張です。会社にあった古い本を持っていきます。今は、本書の現象がもっと進んでいるわけですね。日本を中心とした若者文化は、実感するところです。若者文化に国境なしという感じですね。タイの人気若手男性歌手も日本人のようでしたし、日本語も喋っていましたね。

Amazon.co.jp
   アジア全体に共通する消費行動、生活観を解き明かすべく、最も類似性の高い若者「アジア・パワー・キッズ」に着目し、その実態を明らかにした書。著者らによると、「アジア・パワー・キッズ」は、メディアなどの影響により、日本の若者とほぼ同じ価値観やセンスを持っており、その雰囲気や行動は東京・渋谷の若者に酷似しているという。 本書ではこれら「アジア・パワー・キッズ」が好むファッションやエンターテイメントなどを、アジア14都市、約1万人を対象にした大規模調査の結果をもとに分析している。ページ数の都合からか、本来こういった比較には向かない折れ線グラフが使われており、若干不親切な点はあるものの、その調査結果は興味深い。パソコン、携帯電話、化粧品など、さまざまな分野における消費行動の実態が明らかになる。 本書でとくに注目したいのは、第4章で示された「アジア・マーケティング・キーワード20」である。ここでは、「アジア美ジネス」「タレ・コミ」といったユニークなキーワードとともに、アジアで有効なプロモーション方法やさまざまなビジネスチャンスが紹介されており、マーケターの好奇心をくすぐる。 「はじめに」でも述べられているように、本書はあくまで「アジア生活者の顔つき」を知るために書かれている。これだけでアジア・マーケティングで成功を収めるのは難しいかもしれないが、本書を読むことで定性的な情報を手に入れることができる。(土井英司)

今年54冊目


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Hな経営 [D4.経営戦略]

Hな経営

Hな経営

  • 作者: 平堀 剛
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎ルネッサンス
  • 発売日: 2008/12/25
  • メディア: 単行本

 「H=アッシュ」な経営と読むのだそうです。

内容紹介
企業経営に大切なのは、ズバリ「7つのH」である。Humanity、Humor、Hospitality、Honest、Health、History、Hard。うまくいっている会社ほど、Hな経営をしている。中小企業でも、元気がいい会社にはHがある。部下のモチベーションを上げるにも、いい人材を取るための採用活動にも、社内の人事考課にも、この“H”はかかせない。経営者や人事担当者がこのことを見落としていると、今はよくても、その会社に未来はない。あなたの会社には、いくつのHがあるだろうか? 人気コンサルタントが、会社を変える目からウロコのコツを伝授する。

 今年53冊目

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

最強フレームワーク [D4.経営戦略]

知的生産力が劇的に高まる最強フレームワーク100

知的生産力が劇的に高まる最強フレームワーク100

  • 作者: 永田 豊志
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2008/11/29
  • メディア: 単行本
  私は、あまりこの手のHow to物は読まないんですが、今日、成田で、シンガポールに帰る前に、本屋で山積みされていたので、ちょっとパラパラとめくると、「バランススコアーカード」や「ランチェスター」など、いろいろと載っており、「これは便利かもしれない」とつい買ってしまいました。
  飛行機の中で一気に読んでしまいましたが、2時間くらいで読める分量です。
  そもそも、戦略などを考えるときに、学問として確立されている理論を応用して考えると、結構、いろんなdataなどが整理されます。それを「フレームワーク」と称しているのですが、これは、本当に役立ちます。最近、私は、このフレームワークを意識して、利用しているのですが、「学問」がバックボーンにある、フレームワークは、共通言語のように、皆が使うと、話が早くなる実感がありますね。いわゆるコンサルタントは、これを多用して、いろんな分析をするのです。
  日本人は、あまり、これが強くない印象いけます。実際は使っていたりするんですが、、。
  たとえば、
  「首つっているやつの足を引っ張れ」→「ランチェスター理論」
  「口コミが効くぞ」→「Buzz Marketing」
  「報連相」→「PDCAサイクル」
    「黄金比率」→「パレート80:20の法則」
  「氷山の一角」→「ハイヒンリッヒの1:29:200の法則」
  「価値観を共有した会社」→「7S戦略論」
  
  グローバル企業は、日本独特の暗黙知にたよらず、共通したフレームワークで動くほうがいいと思いますね。
  この記事読んだ方は、この本買うことを「強く」勧めます!
今年51冊目
   

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

イラン大統領選挙 [D1.政治・経済・社会]

9721_1.jpg

  今日から、東京出張です。TVをつけると、イランの大統領選挙の結果がでていました。マハマディネジャド現大統領の再選です。ムサビ派は、「不正選挙」だと、抗議デモが始まったそうです。また、しばらく混乱するのですかね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ワルキューレ [B2.映画]

ワルキューレ プレミアム・エディション [DVD]

ワルキューレ プレミアム・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD
これは、実話だそうですよ。
  内容紹介
ワルキューレ それは、北欧神話に登場し「戦死者を選ぶ者」の意味を持つ女神たち。
ドイツの作曲家、リヒャルト・ワーグナーの代表曲『ワルキューレ』は、この神話をモチーフに作られた楽劇だ。ワーグナーをこよなく愛したナチス・ドイツの総統アドルフ・ヒトラーは、国内のクーデターに備えた危機管理オペレーションを<ワルキューレ作戦>と名付けていた。連合軍との死闘によって、ドイツの敗色が濃くなった第二次世界大戦末期。ドイツ人将校クラウス・フォン・シュタウフェンベルクは、絶対の忠誠を誓うべきヒトラーの思想や政策に強い疑念を抱き、ドイツの未来を憂うが故に反逆者となることを決意する。シュタウフェンベルクの計画は、ヒトラーを抹殺するだけでなく、その混乱に乗じて一気にナチス政権の転覆までも成し遂げること。ヒトラーの危機管理オペレーション<ワルキューレ作戦>を巧みに利用し、冷酷非情な独裁者をこの世から葬り去るという大胆極まりないものだった・・・自ら暗殺の実行者となったシュタウフェンベルクは、運命の1944年7月20日を迎える。総統大本営<狼の巣>爆破計画。爆弾の作動から脱出まで、与えられた時間はわずか10分。一線を越えたミッション、女神<ワルキューレ>は果たして誰に微笑むのか・・・?
★★★
今年9本目

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

SONY vs SAMSUNG [D4.経営戦略]

Sony vs Samsung: The Inside Story of the Electronics Giants′ Battle For Global Supremacy

Sony vs Samsung: The Inside Story of the Electronics Giants′ Battle For Global Supremacy

  • 作者: Sea–Jin Chang
  • 出版社/メーカー: John Wiley & Sons
  • 発売日: 2008/05/30
  • メディア: ペーパーバック
   サムスンとSONYを比較しながら、両者の違いを分析しています。創業者経営のサムスンと創業者経営からプロのマネジメントによる経営に移ったSONYという視点に見えます。サムスンもSONYが歩んできた道をたどるのか?SONYは、カリスマ創業者による成功を、プロのマネジメントがどう引きつぐのかというところがポイントです。
内容説明
Sony vs. Samsung is business history at its best! It explores the divergent fortunes of these two electronics giants in the last decade and identifies the true reasons behind Sony′s decline and Samsung′s rise. Contrary to popular belief, Chang shows that success (or failure) does not simply arise from different strategies. Rather, it emerges from major decisions that are deeply rooted in the companies′ organizational processes and their executives′ political behavior. This book is a mustread for any senior executive. Constantinos Markides
Robert P. Bauman Professor of Strategic Leadership and Chairman,
Strategy Department, London Business School

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

クアラルンプール [B1.旅行・出張]

kualalumpur1.jpg

 今日はマレーシアです。シンガポール—KLは、45分と東京―大阪のような感じですね。簡単にいけます。高速バスもあって、4時間で2,3千円ですって。安いですよね。さて、KLは、もうシンガポールとあまり変わりませんね。景気もシンガポールと同じでまだパッとしません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

バンコック [B1.旅行・出張]

4a1bb2621bc16urbangkok1.jpg

  今日は、バンコックです。ここは、昨年の夏に夏休みで来て以来です。ここも金融危機の影響と政治の混乱で、いまいち、景気はよくありません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行